晶析分科会

晶析分科会とは

晶析は、医薬品、化学品、食品などと共に化学プロセスにおいて重要な分離操作であり、同時にナノ粒子をビルトアップする操作である。しかしながら晶析の専門家が減少しており、若手の研究者の育成が急務である。最近は無機材料から有機材料の晶析へと進んできている。

晶析分科会には、独自のホームページがあります。
こちらもアクセスして下さい。  
http://www.crystallization.org/

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

日本の晶析技術は、化学工業の製品や中間品製造の基盤技術として、日本の最先端産業を支えている。その技術は、欧米に比べても進んだものであるが、近年は、他の単位操作と同様に技術継承が進まず、次世代での発展が危ぶまれかねないといえる。晶析分科会は、国際交流を積極的に行ってそのレベルを確認し、専門講座により、基盤技術の継承を進めている。さらに、企業内の晶析技術を高めるためにオンジョブセミナーを開催している。今後もこのような取り組みが重要と考えている。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    日本の晶析技術は最先端であり、引き続き、他分科会とも連携して日独フォーラム(フランクフルト)に企画協力する。技術的には、晶析装置設計理論と晶析に関する最新情報について焦点を当てる。また、技術継承を目的として専門講座(または早期育成講座)を継続的に開催する。
    また、平成28,29年度は従来の単独開催の他、他学会内の晶析研究グループとの協力により数件の合同開催も企画する。
  2. 平成28年度の事業計画の概要と運営方針
    ・単独での分科会開催については、新たに製糖、製氷分野の晶析技術も取り上げ、また海水学会若手会や晶析技術分科会(化学工学会材料界面部会)など他学会の晶析研究グループと協力し、合同セミナーなどの開催も実施したい。

世話人

コーディネータ 公益財団法人塩事業センター 長谷川 正巳
副コーディネータ 同志社大学 白川善幸
代表幹事 月島機械(株) 津崎 裕也
副代表幹事 味の素(株) 大森 一成
幹事 (株)ノリタケカンパニーリミテド 伊藤 雅章
(株)カネカ 河内 秀夫
味の素(株) 長谷川 和宏
カツラギ工業(株) 三木 秀雄

ロードマップ

活動予定

3月
30
第3回晶析分科会(H29年3月30日) @ 千葉/新東日本製糖株式会社 
3月 30 @ 10:00 – 16:15

開催案内はこちらからからもご確認いただけます。

 

活動報告

第2回晶析分科会 報告
               講演の様子 その2

第1回晶析分科会 報告
               見学会の様子2

第1回晶析分科会 報告
               BASF社見学講演会集合写真

第4回晶析分科会 報告
               講演風景 大阪市立大学大嶋先生

第3回晶析分科会 報告
               講演会風景1 東京農工大学滝山先生