輸送分科会

輸送分科会とは

平成元年に関西を中心として空気輸送などを中心に当分科会が発足した。粉体ハンドリング分科会と重複する面もあるが協調して活動している。輸送設備における新市場や新輸送手段の動向を探求し発信している。今後は機械輸送も含めて、コンタミ、エコをテーマとした省エネ機器の開発、数値シミュレーションや計測などの最新技術の活用などが検討課題である。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

  1. 空気輸送の分野では,粉体の物性により高濃度低速輸送、低濃度高速を使い分けるのが主流である。また機械式輸送はコンタミをより少なくする技術が要求され、進展がみられる。破砕しやすい材料、付着性粉体の輸送のほか、多成分系粉体を分離ないで輸送など、高度化する要求への対応が今後の技術的課題である。
  2. 計算機能力の飛躍的な向上に伴い、種々の粉体操作への数値シミュレーションの利用が拡大しており。汎用ソフトの利用可能性なども含めて、数値シミュレーションの粉体輸送技術開発への応用についても検討をしていく。その他、トモグラフィ計測などの最新計測技術の動向についても調査を継続する。
  3. 3Dプリンターが将来の展開など、粉体輸送が関わる新しい技術の動向についても調査していく。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    ・『輸送設備におけるシーズ、ニーズの探索』
  2. 平成29年度の事業計画の概要と運営方針
    輸送の分野においては、近年、新たな研究・技術開発の進展に乏しく、従来からの技術の延長線上にあるのが現状である。この状況を打破するには、より新しいニーズ・シーズの発掘を行い、新たな展開の方向性を模索する必要がある。このような問題意識の下で、幹事会社が中心となり、幹事会を利用してニーズの探索を行う。また、分科会においては、新市場を中心として、年三回予定されている分科会の開催とそれに関わる新技術の講演、新製品紹介を企画できるように努めていきたい。分科会ごとにテーマを設けて関連性を持った企画運営を行う。

世話人

コーディネータ 大阪大学大学院 田中 敏嗣
副コーディネータ 千葉大学大学院 武居 昌宏
代表幹事 ツカサ工業(株) 井上 照男
副代表幹事 三興空気装置(株) 岸本 武志
 幹事 (株)椿本バルクシステム 中津井 誠一
㈱日清製粉グループ本社 萩野谷 隆一
日本スピンドル製造(株) 増田 勇
アマノ(株) 松井 哲也
エステック(株) 三浦 正登

ロードマップ

活動予定

11月
24
第3回輸送分科会(H29年11月24日) @ 広島/㈱サタケ 広島本社
11月 24 @ 12:45 – 16:45

開催案内はこちらからからもご確認いただけます。

 

活動報告

輸送分科会 報告
               ツカサ工業㈱前にて集合写真

輸送分科会 報告
               集合写真

第2回輸送分科会 報告
               輸送分科会参加者で集合写真

輸送分科会 報告
               集合写真

H27年度輸送分科会 報告
               見学会の様子-4