計装測定分科会

計装測定分科会とは

計装測定分科会は、昭和49年6月「秤量制御分科会」として活動を発足し、その後「計装分科会」という名称を経て、昭和58年度から現在の「計装測定分科会」という名称に変更、現在に至っている。発足以来、粉体計装ならびに粉体測定の技術動向に注目し、工場見学会や講演会の企画、標準試料の検討や各種の規格化に関連した活動を継続している。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

  • 粉体の粒子径計測だけでなく,粉体層物性測定も含めて,測定技術は絶え間なく進歩しており、①従来技術をより発展させた技術、②他の分析・測定で使用されていた技術を新たに粉体測定に応用した技術、③全く新しい技術などが出てきており、これらの技術動向をフォローすることが計装測定分科会の活動の根本である。
  • ナノ粒子の分野では、リスク管理のための規制が世界各国で制定されている。しかしながら、粉体の種類や性質、粒子径の定義と解釈、各種測定法との関連、分散と凝集など多くの課題があり、単一の測定技術や分散技術では解決が困難な状況にある。当分科会では、ナノ粒子に関連するこれらの技術動向に注目し、調査、検討を継続する。特に、ISOの複数のTCにおける規格動向や連携、標準ナノ粒子についての詳細にも注目していく。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    ナノ粒子計測を含む新しい粉体測定技術の探求と信頼性向上(継続)
  2. 平成29年度の事業計画の概要と運営方針
    分分科会は、見学会2回、講演会1回の合計3回の開催を目標とする。上記の中期テーマを継承し、粒子径分布やそれ以外の物性測定に注目する。粉体エンジニア早期養成講座は㈱島津製作所にて開催予定。標準粉体委員会との連携を強化する。さらに平成29年度も粉体工学会技術討論会への協力と、5月に日本で開催されるISO・TC24 /SC4国際会議における協力も進める。

世話人

コーディネータ 同志社大学 森 康維
副コーディネータ 岡山大学 後藤 邦彰
代表幹事 (株)島津製作所 鷲尾 一裕
副代表幹事 (株)セイシン企業 阿川 直樹
スペクトリス(株)マルバーン事業部 池田 英幸
幹事 大塚電子(株) 稲山 良介
マイクロトラック・ベル(株) 鈴木 雅裕
(株)堀場製作所 保田 芳輝
(株)日清製粉グループ本社 渡邉 周

ロードマップ

活動予定

 

活動報告

計装測定分科会 報告
               ご講演中の東北大学名誉教授 齋藤 文良 先生

H27年度計装測定分科会 報告
               講演会の様子(同志社大学東京オフィス セミナールーム)

合同分科会(混合・成形&計装測定) 
               大東亜窒業㈱様会社紹介

H26年度第2回計装測定分科会 報告
               神谷先生ご講演後の質疑応答

計装測定分科会&静電気利用技術分科会 合同分科会 報告
               装置見学