環境エネルギー・流動化分科会

環境エネルギー・流動化分科会とは

環境問題やエネルギー問題を幅広く取り組むことを標榜するべく、分科会の名称を「流動化分科会」から「環境エネルギー・流動化分科会」に変更したのが平成16年である。予想もしなかった震災の影響もあり、今日、まさに環境とエネルギーの課題は全人類的なものとなってい る。かねてより、成熟した技術であっても、その組み合わせにより効率のよい最先端のエネルギー源となる仕組みは数多くあることをもって、その障害となる 制度面の垣根を取り払うことへの知見の醸成を旨として活動を続けているが、今後はさらにその趣旨を先鋭化して、意義深い分科会としてゆきたい。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

粉体技術は、石炭に代表される固体燃料、近年再生可能エネルギーとして注目されている固体系バイオマス、あるいは、地域エネルギー資源である一般廃棄物等による様々なエネルギー変換プロセスにおいて、必要不可欠な基盤技術になっている。例えば、固体燃料の代表である石炭利用技術においては、従来技術である微粉炭燃焼や流動層石炭燃焼が引き続き電力事業用や一般産業用のボイラとして機能しているものの、昨今は、石炭ガス化複合発電システム(IGCC: Integrated coal Gasification Combined Cycle)、オキシフューエル燃焼技術、さらにはケミカルルーピング燃焼(CLC: Chemical Looping Combustion)といった新たなエネルギー変換プロセスも実用段階あるいは開発過程にある。とりわけIGCCでは約30気圧という高圧での、また、CLCでは、高温場において、媒体粒子が酸化状態と還元状態を繰り返しながら循環させるという粉体ハンドリングがキーテクノロジーとなる。これらはまさに、反応・熱移動・混相流動という多次元の現象が複雑に相互作用しているプロセスであり、困難な面もあろうが興味深い技術である。その他、バイオマスや廃棄物系に関しても、基本的には、過去に培われてきた石炭利用技術に係る粉体技術の内挿的な適用が多かろう。ただし、バイオマスや廃棄物の場合、塊状や繊維状である場合が多く、いまだ経験的な粉体ハンドリング技術に依存する面がある。将来、各粒子が有している固有の形状を個々に瞬時に認識した上での論理的な粉体ハンドリング技術の進展を期待する。
流動層技術は、環境とエネルギーに関連する分野だけでなく幅広く産業界で使われ不断の改良が行われている。しかし、開発後30-40年経過したプロセスが多いことから、本分科会が共催している粒子・流体プロセス技術コース(旧流動層技術コース)で基礎を学ぶ者が増加している本コースは初学者や中堅技術者に対する基礎講義と実習とを合わせたトレーニングコースであり、現在は中央大学後楽園キャンパスで開催されている。今後も本コースと連携して分科会メンバーや産業界の基礎技術力向上に寄与したいと考えている。
各種成果の発信場所として、第11回流動層技術国際会議(Int. Conf. on Fluidized Bed Technology, 旧名: 循環流動層国際会議)が、北京(中国) で5月に開催された。146件の報告が行われた。IEA-FBC (Fluidized Bed Conversion)は、第68回を北京(中国) でEmission Controlをテーマに、第69回をAix-en-Provence (フランス)でSize aspects of FBC designをテーマに開催された。国内では、2015年12月に第21回流動化・粒子プロセシングシンポジウムが九州工業大学で開催され多くの研究が発表された。なお、2016年度は東京大学で開催される予定である。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    震災と原発事故、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の実施など、環境エネルギーに関する課題は山積である。しかし実効のある技術や制度は、いまだコストや法制度の壁により有効に作用していない。環境エネルギー・流動化分科会ではこれらの課題に幅広く対応してゆく。
  2. 平成28年度の事業計画の概要と運営方針
    流動層プロセスで多く問題となる「付着」をテーマにした講演会を企画するほか、流動層を中心とした新しい焼却炉やバイオマス発電など注目される技術の見学会を実施する。

世話人

コーディネータ 中央大学 幡野 博之
副コーディネータ 名古屋大学 成瀬 一郎
代表幹事 JFEエンジニアリング(株) 鈴木 康夫
副代表幹事 (株)奈良機械製作所 高島 久継
幹事 (株)IHI 遠藤 喜彦
中外炉工業(株) 小野 正太
月島機械(株) 高田 真木
(株)神鋼環境ソリューション 細田 博之
メタウォーター(株) 山本 昌幸
名誉コーディネータ 東京農工大学名誉教授 堀尾 正靭

ロードマップ

活動予定

4月
7
H29年度第1回環境エネルギー・流動化分科会(H29年4月7日) @ 三重/グリーンエナジー津 バイオマス発電所
4月 7 @ 13:00 – 18:00

開催案内はこちらからからもご確認いただけます。

 

活動報告

環境エネルギー・流動化分科会 報告
               大野発電所集合写真

環境エネルギー・流動化分科会 報告
               総合討論の様子

第1回環境エネルギー・流動化分科会 報告
               管理棟前集合写真

H27年度環境エネルギー・流動化分科会報告
               施設前での集合写真

H27年度第2回環境エネルギー・流動化分科会 報告
               チップ工場にて(背景の赤いのがチッパー)