電池製造技術分科会

活動予定

6月
12
第1回電池製造技術分科会(2019年6月12日) @ 東京/東京大学 生産技術研究所
6月 12 @ 13:00 – 18:00

開催案内はこちらからもご確認いただけます。

 

電池製造技術分科会とは

プロジェクト型分科会の一つである。スタート時よりリチウムイオン電池をターゲットに高性能化や大容量化の研究開発を行ってきたが、発火現象事故の発生などにより大きな方向転換を迫られている。今後、安全性、耐久性、低コスト化などを目指した次世代電池に如何に粉体工業技術の展開が図れるかを探ることとなる。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

海外においては、EV用電池や電力貯蔵用電池の普及スピードは非常に早く、3年で電池技術や材料、装置が陳腐化する状況にある。次世代電池に関する最新情報をいち早く収集して、企業連携で次世代電池の製造装置を開発、実用化することが求められている。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    1)次世代自動車やエネルギー貯蔵システムのキーコンポーネントである、電池や燃料電池、キャパシタなどが抱える諸課題を解決するための技術開発に関する講演会を企画。
    2)電池の安全性や耐熱性、長寿命化、低コスト化、高容量化、高出力化などのブレイクスルーを図るための、電池技術や材料技術、製造技術に関する講演会を企画。
    3)電池分野で、粉体技術を中心とした異業種連携の場を提供し、次世代電池の早期実用化を支援。
  2. 2019年度の事業計画の概要と運営方針
    1) EV用電池の開発状況調査
    2) 固体電池の開発状況調査
    3) 電力貯蔵用電池の開発状況調査
    4) 水素燃料電池の開発状況調査
      などに関して、自動車や電力などの電池ユーザーや電池メーカー、材料メーカー、装置メーカーなどがオープンに情報交換と人的交流ができるプラットホームを提供する。

世話人

コーディネータ 国立研究開発法人産業技術総合研究所 境 哲男
副コーディネータ 東京大学 堤 敦司
代表幹事 赤武エンジニアリング(株) 秋元 祐
副代表幹事 (株)セイシン企業 佐藤 高公
副代表幹事 (株)パウレック 堀越 勝
幹事 日本スピンドル製造(株) 浅見 圭一
ホソカワミクロン(株) 出雲 俊彦
(株)ダルトン 岩崎 祥司
プライミクス(株) 神野 丸男
(株)タナベ 木村 正人
東洋ハイテック(株) 根本 滝郎
澁谷工業(株) 山田 正

ロードマップ

活動報告

電池製造技術分科会 報告
               講演会全風景01

電池製造技術分科会 報告
               電池製造技術分科会 講演会2

電池製造技術分科会 報告
               電池製造技術分科会講演

電池製造技術分科会 報告
               講演会の様子

電池製造技術分科会 報告
               講演会風景