リサイクル技術分科会

リサイクル技術分科会とは

リサイクル技術分科会は、プロジェクト型分科会である。二次電池やレアメタルのリサイクルに関する粉体技術がどのように関われるのかを検討してきた。今後は「資源循環」と「創エネルギー」を中心にリサイクル技術がどう関わっていけるか、どのようなビジネスチャンスがあるのかを調査、発信していく。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

•高付加価値素材のリサイクル(例えば金、銀、銅メダルのリサイクル材料での製作)話題となっている。
•再生素材の高品位化(廃プラスチックのマテリアルリサイクル)を各自動車メーカー、家電メーカーが技術開発に取り組んでいる。
•新素材(例えばCFRP、ソーラパネルなどの複合素材)の新しいリサイクル技術開発が注目されている。
•東日本大震災をきっかけとし、一昨年の熊本地震、昨年の北部九州地区豪雨などで発生した放射性廃棄物を含む震災廃棄物の処理、リサイクルが話題となっている。
•廃棄物を対象とした新しい粉砕/単体分離、成分分離技術の開発が望まれている。
•中間処理業者の再編によるヨーロッパに匹敵する静脈産業の強靱化が新産業創出を国策として推進している。
•金属価格の乱高下にも対応できるリサイクルシステムの開発が望まれている。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    「持続可能社会」「自然共生社会」「安全・安心社会」「高齢化社会」を基本的に見つめ、現実として震災復興、エネルギー問題に対して具体的に「リサイクル技術」がどう貢献できるかを見いだしていく。
  2. 平成30年度の事業計画の概要と運営方針
    1)「日本の廃棄物政策」の現状、ならびに「中国を含む国際資源循環の現状」を講演会より学ぶ。
    2)今後ますます増える新複合材料のリサイクルに関してその課題と問題点を学ぶ。
    3)地域に密着したリサイクルビジネスの成功例を学ぶ。

世話人

コーディネータ 北九州市立大学 大矢 仁史
副コーディネータ 熊本大学 外川 健一
代表幹事 (株)タナベ 齊藤 陽
副代表幹事 (株)アクトリー 増井 芽
幹事 赤武エンジニアリング(株) 荻田 哲也
エステック(株) 西村 佳記
(株)セイシン企業 馬場 一寿
高砂工業(株) 水野 裕太
(株)椿本バルクシステム 山田 治生

ロードマップ

活動予定

7月
3
第1回リサイクル技術分科会(H30年7月3日) @ 茨城/(国研)国立環境研究所、ホテルグランド東雲
7月 3 @ 12:30 – 19:00

開催案内はこちらからもご確認いただけます。

 

活動報告

リサイクル技術分科会 報告
               株式会社アクトリー施設見学

リサイクル技術分科会 報告
               見学先での参加者集合写真

第1回リサイクル技術分科会 報告
               リサイクル金メッキメダル

リサイクル技術分科会 報告
               集合写真縮小

リサイクル技術分科会 報告
               見学会の様子1