粒子積層技術分科会

平成30年4月1日に発足した新規分科会です。

活動予定

 

粒子積層技術分科会とは

本分科会は目的指向技術系分科会の一つとして、粉体の積層技術に関する情報の収集・啓蒙を行うことを主体として活動している。特に実用化において直面している課題や共通的な基盤技術を取り上げることで、粉体積層プロセスの開発と改善に繋がる情報発信を目指す予定である。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

湿式プロセスではウェット厚み100μm以上における粒子積層膜について、厚み方向の成分偏析やき裂形成を抑制する精密乾燥技術粒の開発が進められている。またウェット厚み100nm以下の超薄膜高速塗布技術や、表面凹凸や浸透性を有する基材上における精密積層技術も注目されている。
乾式プロセスではおもに粒子衝突法によるミクロン~サブミクロン粒子の二次元・三次元積層技術の開発が進められており、基板上への粒子付着確率の向上と積層・粒子充填構造制御が重要課題である。今後は、ナノ粒子積層への展開が期待され、特に粒子合成と積層プロセスの直結・融合による高速ナノ粒子成膜技術の進展が期待される。
さらに両プロセスに共通の課題として、異方性粒子の配向制御、粒子積層過程の可視化・計測法の開発、並びに、積層メカニズムの解明が挙げられる。今後は、乾式および湿式ナノ粒子膜形成技術のハイブリッド化、精密多層膜形成技術、3D成型技術、粒子積層シミュレーション技術、マテリアルズインフォマティクス(MI)の活用技術などの開発が重要である。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    1) 湿式および乾式粒子積層プロセス技術の応用例と課題に関する最新情報の収集と発信
    2) 粒子積層技術の工学的体系化を指向した情報収集とその発信
  2. 2020年度の事業計画の概要と運営方針
    1) 湿式および乾式粒子積層プロセス技術の応用例と課題に関する最新情報の収集とこれらに関する見学会、講演会の開催
    2) 粒子積層技術の工学的体系化を指向した情報収集及び講演会の開催
    3) 粒子積層状態及び積層過程の評価、粒子集積(配列制御)に関する情報収集

世話人

コーディネータ 九州工業大学大学院 山村 方人
副コーディネータ 金沢大学 瀬戸 章文
代表幹事 (株)村田製作所 中尾 修也
副代表幹事 (株)日清製粉グループ本社 中村 圭太郎
幹事 キヤノン(株) 木曾 盛夫
ホソカワミクロンワグナー(株) 木村 尚司
日本化学工業(株) 田邉 信司
日東電工(株) 水嶋 洋明
堺化学工業(株) 矢野 誠一

ロードマップ

こちらよりご覧ください

活動報告

粒子積層技術&湿式プロセス合同分科会 報告
               講演④

粒子積層技術分科会 報告
               講演会の様子HP

粒子積層技術分科会 報告
               見学風景 その2

合同分科会 報告(微粒子ナノテクノロジー&粒子積層技術分科会)
               TOTOミュージアム 展示