クリーン化分科会

クリーン化分科会分科会とは

クリーン化分科会は、平成2年に発足した分科会である。今まで半導体、液晶などのクリーン化技術に始まり、医薬品などのクリーン化技術について主に取り組んできたが、今後は機械、食品などの産業分野、あるいは民生用の一般家庭、人体を対象にしたクリーン化技術にまで幅を広げていく予定である。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

1)安全、安心、快適を実現できるクリーン化技術
2)サブミクロンオーダーレベルの微粒子捕集技術、計測技術の進展
3)1 µm以上の粗大エアロゾル粒子捕集法
4)PM2.5と関連して、室内換気用フィルタに本当にHEPAフィルタが必要なのか調査研究を行う
5)クリーンルーム環境の制御(気流制御、シミュレーション、天井レスクリーンルーム)
6)サブミクロン、ケミカル物質のオフライン、オンライン計測
7)半導体産業におけるミニエンバイロメントとクリーンシステムの構築(ナノ粒子の計測技術の確立、静電気対策)
8)微生物汚染防御技術(cGMP、PIC/S、HACCP、微生物汚染のIN-SITU計測)
9)環境、省エネ、CO2削減
10)医薬品分野、食品分野においてはGMP、バリデーション、HACCPなど“安全、安心”をキーワードとして品質管理と安全性に関与するクリーン化技術
11)クリーンルームと関連環境,エアフィルタに関する国際規格作成および改定作業がISO/TC209,TC142にて継続
12)切削加工機器からのサブミクロンオーダーオイルミストによる作業環境汚染の実情

当年度事業計画の概要と運営方針

      1. 中期活動テーマ
        1) クリーン化分科会として,今まで半導体,液晶(FPD),医薬品等のクリーン化技術について主に取り組んできたが,今後は機械,食品などの産業分野,あるいは民生用の一般家庭,人体を対象にしたクリーン化技術にまで幅を広げて行く。
        2) 目的、クリーン化度別に、これまでに確立されたクリーン化技術を調査、再整理し、クリーン化技術の体系化を図る。
        3) クリーン化技術の実施例を調査し、 基盤クリーン化技術別に、どのような修正、変更が実施されているか整理する。
      2. 平成30年度の事業計画の概要と運営方針
        1) 分科会として医薬品、食品関係の工場見学会と講演会を計画して行く。また,他学会との技術交流のため共催シンポジウムを計画する。
        2) クリーン化技術の実施例と実施にあたっての変更点の調査

世話人

コーディネータ 金沢大学大学院 大谷 吉生
副コーディネータ 東京工業大学 鍵 直樹
代表幹事 東洋紡(株) 林 敏昭
副代表幹事 リオン(株) 松田 朋信
幹事 東京ダイレック(株) 井上 隆弘
日本エアー・フィルター(株) 加藤 孝之
(株)日立製作所 神谷 松雄
トヨタ紡織(株) 金     鎭喆
ホソカワミクロン(株) 佐野 敦
名誉幹事 (株)日立プラントサービス 渡辺 幸次

ロードマップ

活動予定

8月
31
-募集停止-第1回クリーン化分科会(H30年8月31日) @ 大阪/ダイキン工業㈱ テクノロジー・イノベーションセンター
8月 31 @ 13:30 – 17:00

開催案内はこちらからもご確認いただけます。

 

活動報告

合同分科会報告(クリーン化&食品粉体技術)
               見学風景-BCR

クリーン化分科会 報告
               参加者の皆様

合同分科会報告(分級ふるい分け&クリーン化)
               研究室見学の様子

H27年度クリーン化分科会 報告
               講習会参加者の様子

第1回クリーン化分科会 報告
               東京工業大学 鍵先生の講演 2