クリーン化分科会

クリーン化分科会分科会とは

クリーン化分科会は、平成2年に発足した分科会である。今まで半導体、液晶などのクリーン化技術に始まり、医薬品などのクリーン化技術について主に取り組んできたが、今後は機械、食品などの産業分野、あるいは民生用の一般家庭、人体を対象にしたクリーン化技術にまで幅を広げていく予定である。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

  1. サブミクロンオーダーレベルの微粒子捕集技術、計測技術の進展(フィルター効率の向上、HEPA/ULPAフィルター密閉化、発生源の封じ込め技術)
  2. PM2.5と関連して、室内換気用フィルタに本当にHEPAフィルタが必要なのか調査研究を行う
  3. クリーンルーム環境の制御(気流制御、シミュレーション、天井レスクリーンルーム)
  4. サブミクロン、ケミカル物質のオフライン、オンライン計測
  5. 半導体産業におけるミニエンバイロメントとクリーンシステムの構築(300mmウェハ、FOUPを用いたミニエンバイロメントでの安価で簡便なナノ粒子の計測技術の確立、静電気対策)
  6. 微生物汚染防御技術(cGMP、PIC/S、HACCP、微生物汚染のIN-SITU計測)
  7. クリーン化関連先端産業におけるリスク管理の重要性
  8. FPDではパネル大型化と有機EL等の新技術の導入に伴う静電気対策を含めたクリーン化
  9. 環境,省エネ,CO2削減
  10. 医薬品分野,食品分野においてはGMP,バリデーション,HACCPなど“安全,安心”をキーワードとして品質管理と安全性に関与するクリーン化技術
  11. 生理活性の強い薬の製造工程や再生医療における培養工程では局部的にクリーン化・無菌化された装置及びハザード対応の装置
  12. クリーンルームと関連環境,エアフィルタに関する国際規格作成および改定作業がISO/TC209,TC142にて継続
  13. 切削加工機器からのサブミクロンオーダーオイルミストによる作業環境汚染の実情

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    クリーン化分科会として,今まで半導体,液晶(FPD),医薬品等のクリーン化技術について主に取り組んできたが,今後は機械,食品などの産業分野,あるいは民生用の一般家庭,人体を対象にしたクリーン化技術にまで幅を広げて行く。
  2. 平成29年度の事業計画の概要と運営方針
    分科会として医薬品、食品関係の工場見学会と講演会を計画して行く。また,他学会との技術交流のため共催シンポジウムを計画したい。

世話人

コーディネータ 金沢大学大学院 大谷 吉生
副コーディネータ 東京工業大学 鍵 直樹
代表幹事 千代田テクノエース(株) 宇治 勝幸
副代表幹事 東洋紡(株) 林 敏昭
副代表幹事 リオン(株) 松田 朋信
幹事 東京ダイレック(株) 井上 隆弘
日本エアー・フィルター(株) 加藤 孝之
(株)日立製作所 神谷 松雄
ホソカワミクロン(株) 佐野 敦
名誉幹事 (株)日立プラントサービス 渡辺 幸次

ロードマップ

活動予定

10月
26
食品粉体技術&クリーン化合同分科会(H29年10月26日) @ 千葉/ ㈱竹中工務店 竹中技術研究所
10月 26 @ 13:00 – 17:00

開催案内はこちらからからもご確認いただけます。

 

活動報告

クリーン化分科会 報告
               参加者の皆様

合同分科会報告(分級ふるい分け&クリーン化)
               研究室見学の様子

H27年度クリーン化分科会 報告
               講習会参加者の様子

第1回クリーン化分科会 報告
               東京工業大学 鍵先生の講演 2

第2回クリーン化分科会
               東工大藤井先生「概論と空気清浄化」講演の模様