(先行申込締切日5/24)粉体工学会第51回技術討論会(協会共催行事)のご案内

※下記行事の先行申込締切日が2016年5月24日(火)に迫っておりますので、再度周知します。

協会共催行事の「粉体工学会 第51回技術討論会」について、粉体工学会よりお知らせを受けましたのでご連絡します。

********************************************************
粉体工学会 第51回技術討論会 参加募集
********************************************************

粉体工学会 第51回技術討論会
「経験に分析のメスを入れる」 -粒子・粉体のキャラクタリゼーションとその粉体・材料プロセスへの応用-

共催:粉体工学会,(一社)日本粉体工業技術協会
協賛:化学工学会粒子・流体プロセス部会
日時:2016年6月14日(火),15日(水)
会場:東京大学生産技術研究所コンベンションホール(駒場キャンパス)
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/map/komaba.html
概要:
計測技術の発達により、粒子の物質としての特徴や表面の化学的特性、粒子径分布など、多くのキャラクタリゼーション方法が適用できるようになっている。また、電子機器やセンサーなどが昔に比べて安価となり、それらキャラクタリゼーションを行う装置も入手しやすくなっている。
このように、種々の物性・特性評価ができるようになっている現在でも、プロセスの現場では試行錯誤や経験の蓄積が必要とされており、この経験に対し、最新の分析のメスを入れる必要があると思われる。
そこで本討論会では、粒子・粉体の物性・特性評価手法の最前線と、その粉体プロセス・材料プロセスへの適用事例について情報交換をし、現状の課題と今後の展望を討論する。
・基調講演-1 液相中のナノ粒子の粒子径測定に関する最近の動向
(同志社大)森 康維
・基調講演-2 粒子間相互作用計測によるセラミックス練土の可塑性発現メカニズムの解析
(産総研)堀田 裕司
・一般講演   30件
・製品紹介講演 13件

※詳細なプログラムはWebページhttp://www.sptj.jp/event.html#gijyutuにてご確認ください。

先行申込締切:2016年5月24日(火)
申込方法:参加申込フォームhttp://www.sptj.jp/sanka/gijutsu.cgiよりお申込ください。

カテゴリー: 協会からのお知らせ, お知らせ