【周知依頼】環境省ヒアリ相談ダイヤル、「適正な工期設定等のためのガイドライン」について

経済産業省より下記のお知らせを受けましたのでご連絡します。

**********************************************************************************************************************
【周知依頼】環境省ヒアリ相談ダイヤル、「適正な工期設定等のためのガイドライン」について
**********************************************************************************************************************

産業機械課関係団体御中

平素より大変お世話になっております。
本日は下記2点についてご連絡申し上げます。

(1)ヒアリ相談ダイヤルについて
(2)建設業の働き方改革に向けた「適正な工期設定等のためのガイドライン」について

必要に応じまして、貴団体貴団体会員企業様へ周知していただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

(1)ヒアリ相談ダイヤルについて
ヒアリに関しましては、貴団体企業様への周知や情報提供など、さまざまご協力いただきまして、誠にありがとうございました。
今回は、環境省にて、国民の皆様からのヒアリと疑わしいアリに関する相談ダイヤルが9月8日(金)に開設されましたので、お知らせいたします。
下記のとおり運用されますので、適宜ご活用いただけますと幸いです。
(詳細は【別添1】をご参照くださいますようお願いいたします。)

●開設日・対応時間
 ・土日祝日を含む毎日(ただし12月29日~1月3日は除く)
 ・午前9時から午後5時まで
●主な相談対応
 ・ヒアリと疑わしいアリを発見した場合について
 ・ヒアリの特徴や発生地点等の一般的な問合せ
 ・ヒアリに刺された場合について 等
●ヒアリ相談ダイヤル連絡先
 0570-046-110
 ※IP電話等、上記の番号がつながらない場合は「06-7634-7300」へお願いいたします。
 (通話量は発信者のご負担となります。)

別添1:ヒアリに気をつけて

(2)建設業の働き方改革に向けた「適正な工期設定等のためのガイドライン」について
「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)において、建設業については、一定の猶予期間を置いたうえで、時間外労働の罰則付き上限規制の一般則を適用することとされたところです。
当該規制の適用に当たっては、個々の建設企業や建設業界全体における生産性向上に向けた取組と併せて、発注者や国民の理解を得ていくための取組が必要であることに鑑み、本年6月に「建設業の働き方改革に関する関係省庁連絡会議」、同年7月には「建設業の働き方改革に関する協議会」が設置されました。
今般、これらの会議における議論も踏まえ、公共・民間含め全ての建設工事において働き方改革に向けた生産性向上や適正な工期設定等が行われることを目的として、「建設工事における適正な工期設定等のためのガイドライン」(平成29年8月28日建設業の働き方改革に関する関係省庁連絡会議申合せ)が【別添2】のとおり策定されました。

【参考:建設業の働き方改革に関する関係省庁連絡会議について】
「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)において、建設業については、一定の猶予期間を置いたうえで、時間外労働の罰則付き上限規制の一般則を適用することとされたことを踏まえ、当該一般則の適用に向けて、発注者を含めた関係者による協議の下、適正な工期設定や適切な賃金水準の確保、週休2日の推進などによる休日確保等に関する取組を推進するため、開催されております。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/index.html#kensetsu_jidousya

【別添の内容に係る問い合わせ】
 国土交通省土地・建設産業局建設業課
 入札制度企画指導室 伏原、安達
 TEL 03-5253-8111 (代表)
 (内線)24723 又は 24783

別添2:「建設工事における適正な工期設定等のためのガイドライン」

カテゴリー: 官公庁からのお知らせ, お知らせ