集じん分科会

集じん分科会とは

最初に設立された分科会であり、集じん技術の多機能化、ろ布の耐久性・バグフィルターシステムのISO規準の制定、国際規格化に向けての海外との交流、教育活動などで継続的な活動をしている。近年は10年以上も重要な課題であった高温・高圧集じん技術に対して最新情報の収集、発信を行うとともに、ナノ粒子を含む超微粒子の分離性能の向上、さまざまなガス状成分の同時除去に向けた多機能化技術の調査研究を提供している。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

  1. 集じん装置において最も重要な微粒子分離に関して、ナノテクノロジーやPM2.5と関連付けて精力的な調査を進めるとともに、集じん装置の用途拡大を目指した多機能化技術についても主導するなど、新技術導入の指導的役割を務めている。これらは、今後も継続すべき活動であると考える。
  2. 分科会会員のほとんどが最も多く興味を持っているバグフィルター用ろ布及び集じんシステムの国際規格化に注力する。特に、集じんシステムの規格化では、ラウンドロビンテストの実施により、我国主導のシステム評価試験法の確立を支援する活動を行いつつ、集じん機ユーザの視点に基づく要望を積極的に分科会活動に取り入れるなど、会員のニーズを先取りした活動を行っており、今後も、さらなる発展を図って行く予定である。
  3. 上述の知見を基に、専門講座や粉体エンジニア早期養成講座を開催すると共に、バグフィルターハンドブックのリニューアルを目指すなど、教育的視点からもリーダー的役割を果たしており、将来の集じん研究のさらなる進歩に向けた、人材育成や技術継承活動を今後も着実に進めて行く。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    平成29年度からの活動は、平成28年度より引き続き、小グループ活動を主とするが、幹事が増えた(総計:18名)事により、改めてそのグループ分けの確認と役割を見直し、定期的な小グループ幹事会を開催するなど、分科会活動の一層の充実を図っていく。また規格委員会ISO対応委員会集じん技術小委員会において、バグフィルター試験法のISO化を引き続き進めるため、分科会として本活動を全面的に支援する。
  2. 平成29年度の事業計画の概要と運営方針
    分科会活動は平成28年度より引き続き各地区別幹事が、一層連携して活動できる体制とし、集じん装置のユーザー満足度の向上や、新たなニーズ発掘、先端技術の提供等を目的に、年4回の分科会を計画する。教育活動においては粉体エンジニア早期養成講座の一層の充実を図る。

世話人

コーディネータ 金沢大学名誉教授 金岡 千嘉男
副コーディネータ (一財)電力中央研究所 牧野 尚夫
代表幹事  アマノ(株) 杉野 隆
副代表幹事 日本スピンドル製造(株) 近藤 茂雄
幹事 日本エアーフィルター(株) 今野 貴博
ホソカワミクロン(株) 上村 富彦
集塵装置(株) 榎本 直弘
新東工業(株) 岡安 功史
日本スピンドル製造(株) 木嶋 敬昌
関西オートメイション(株) 北田 正人
麻益(株) 木村 勇男
(株)日清製粉グループ本社 久保 正明
ホーコス(株) 栗原 秀直
(株)環境衛生研究所 越間 研吾
日本スピンドル製造(株) 近藤 茂雄
(株)マツシマ メジャテック 重枝 季伸
アマノ(株) 中根 隆一
岡山中尾フィルター工業(株) 難波 均
(株)アクトリー 西田 直史
(一財)電力中央研究所 野田 直希
アマノ(株) 林 浩司
 名誉幹事 新東工業(株) 後夷 光一

ロードマップ

活動予定

12月
12
第3回集じん分科会(H29年12月12日) @ 広島/テラル㈱ 本社工場
12月 12 @ 13:30 – 17:00

開催案内はこちらからからもご確認いただけます。

 

活動報告

合同分科会報告 (集じん&輸送)
               講演風景

集じん分科会 報告
               神戸発電所説明 その①

集じん分科会 報告
               設備見学 その3

集じん分科会 報告
               日本スピンドル製造㈱ 木嶋様よりご講演

集じん分科会 報告
               伊藤忠セラテック㈱様よりご講演