粉砕分科会

活動予定

 

粉砕分科会とは

設立当初から活動している7分科会の一つである。粉砕技術は幅広い産業分野で取り入れられており、現在の日本の先端技術の礎として活用されている。この分野での日本の技術レベルは世界のトップレベルにあるが、さらに所望する粉体特性(粒子径、粒子径分布、粒子形状など)を持つ粉体粒子の製造技術を追及している。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

1.粉砕は、あらゆる生産プロセスの出発点であり、基盤から先端産業に至るまで幅広く利用されている。当分科会では、粉砕のコア技術、ユーザーの潜在的ニーズを十分に検討し、メーカーの情報収集とユーザーとの充実した交流を実現する本会合の開催を進めて行く。
2.粉砕技術を基礎とした粒子複合化、粒子合成などへの新展開、粉砕技術の先端分野への応用が、世界的に活発に展開されている。当分科会では、産学連携などを通じて、積極的に情報収集、技術交流を進めて行く。
3.粉砕技術は、ものづくりの基礎となるものであり、我が国の産業発展に極めて重要である。この分野の人材育成、粉砕技術の普及啓発を進めるために、早期養成講座やエンジニアの再教育などの活動を充実する必要がある。
4.我が国がリードする粉砕技術の国際的な展開が、国際的な市場拡大に極めて重要な役割を果たすことから、当分科会の国際交流を積極的に推進する必要がある。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    1) 粉砕の重要技術、最新技術、ユーザーの潜在的ニーズを分析して、これらを本会合のテーマとして取り上げ、メーカーとユーザーの交流を促進する充実した本会合を目指す。
    2) 粉砕に関する産業界・学界の交流を通じて、粉砕技術に関する最新の情報を参加者に提供する。
    3) 粉体エンジニア早期養成講座などを通じて、粉砕技術の教育、普及啓発に努める。
    4) 粉砕技術に関する技術者再教育や国際交流のための企画を検討し実施する。
  2. 2019年度の事業計画の概要と運営方針
    1) 本会合は本年度は3回開催する。第1回は香川県三豊市 東洋炭素株式会社にて7月4-5日で開催予定。テーマを「カーボン材料の製造・応用技術と新展開」と題して、技術講演と工場見学会を実施する。第2回は9月24日国立台湾大学にて、粉体工学会、台湾セラミックス学会、台湾粉末冶金学会との協賛で、”1st Taiwan-Japan Workshop on Powder Processing Technology for High Quality Products” を開催する。日本企業からの粉砕技術を中心としたシーズ紹介と台湾産業界のニーズとのマッチングをはかる。第3回は2020年1-3月関西方面で計画中。
    2) 粉体エンジニア早期養成講座では本年度より始めた「DEM実習」が好評を博した。粉砕実習と合わせて、粉砕現象やそのプロセスに対する理解をさらに深めるための施策と位置づけさらに魅力のある養成講座を目指す。
    3) eリカレント(エンジニアの再教育)はより高度化する技術を俯瞰できる核となる技術者のための重要な支援策と位置づけられることより、本会合などを通しての機会提供を具体的に検討する。
    4) 国際交流は先端技術の理解および国外ユーザーとの接点という観点からも重要である。本年度は第2回分科会本会合として台湾での技術ワークショップとして実施する。

世話人

コーディネータ 大阪大学 内藤 牧男
副コーディネータ 東北大学 加納 純也
代表幹事 (株)アイテック 神谷 昌岳
副代表幹事 アシザワ・ファインテック(株) 石井 利博
 幹事 (株)栗本鐵工所 板倉 克仁
(株)アーステクニカ 上野 明紀
東京アトマイザー製造(株) 海老原 尚
ホソカワミクロン(株) 細川 晃平
御国色素(株) 瓦家 正英
古河産機システムズ(株) 塚田 浩二
(株)セイシン企業 津吹 幸久
大塚製薬(株) 戸田 正文
日本コークス工業(株) 松山 勝久
(株)日清製粉グループ本社 湯蓋 一博
(株)広島メタル&マシナリー 白井 健市
名誉コーディネータ 東北大学名誉教授 齋藤 文良

ロードマップ

活動報告

粉砕分科会 報告
               写真.5  ITRIでの集合写真

粉砕分科会 報告
               写真.5 集合写真

粉砕分科会 報告
               集合写真

合同分科会 報告(粉砕&集じん&粉体シミュレーション技術利用)
               見学会の様子

粉砕分科会 報告
               集合写真