粉体エンジニア早期養成講座

講座レベル図(粉体エンジニア)

経済産業省の産学人材育成パートナーシップの一環として開発された講座です。「計測・測定」「粉砕」「分級」「混合・混練」「粒子加工」「乾燥」「粉体ハンドリングⅠ」「粉体ハンドリングⅡ」「集じん」「ろ過」の10科目、各2日間の演習・実習付きの実践的コースです。2019年度は、「粉体ハンドリングⅡ」を除く、9講座が開講予定です。

なお、「計測・測定」は、他の9講座に共通する「計測・測定」に焦点を当てた講座になります。粉体エンジニア早期養成講座を初めて受講される方は、ぜひこちらの講座を受講されることをお勧めします。

受講したい科目に関わるお仕事に従事し始めた方、
あるいは、関連する粉体入門セミナーを受講された方に最適な内容です。

2019年度 全体パンフレットはこちら
CIMG2356 DSCF3410CIMG1321

 

 

 

【受講対象者】
・化学工学関連産業(化学・薬品・素材製造・プラント製造など)に携わる技術者
(実務経験 ~7年程度)
・中小・中堅の粉体関連エンジニアリング企業の技術者
(講座会場企業と同業社の方の参加はお断りすることがあります)
・大学院生
・当協会が主催する「粉体入門セミナー」受講修了レベル

【受講料(1科目あたり)】                     (税別 単位:円)

 募集人数  日本粉体工業技術協会 会員
化学工学会 会員
 非会員  大学院生
 基礎科目 計測・測定 16名 57,130+税 76,112+税 18,982+税
 専門科目 10~20名/講座

※上記金額には、昼食代、テキスト代、技術交流会参加費を含みます。
また、請求額は、請求書発行時点の税率で変更となります。
※当講座は、特別協賛会費特典対象外事業となっております。
※受講者に対する傷害保険は加入しています

【2019年度の募集開始について】
4月1日(月)より募集開始予定。(詳細は後日公開します)

講座開催予定

7月
9
粉体エンジニア早期養成講座 計測・測定
7月 9 – 7月 10 all-day

申込みはこちら 
開催案内はこちらからもご覧になれます。

8月
29
粉体エンジニア早期養成講座 乾燥
8月 29 – 8月 30 all-day

申込みはこちら
開催案内はこちらからもご覧になれます。

9月
17
粉体エンジニア早期養成講座 粉体ハンドリングⅠ (輸送・供給)
9月 17 – 9月 18 all-day

申込みはこちら 
開催案内はこちらからもご覧になれます。

10月
31
粉体エンジニア早期養成講座 混合・混練
10月 31 – 11月 1 all-day

申込みはこちら 
開催案内はこちらからもご覧になれます。

11月
7
粉体エンジニア早期養成講座 粉砕
11月 7 – 11月 8 all-day

申込みはこちら
開催案内はこちらからもご覧になれます。

11月
14
粉体エンジニア早期養成講座 分級
11月 14 – 11月 15 all-day

申込みはこちら
開催案内はこちらからもご覧になれます。

11月
26
粉体エンジニア早期養成講座 粒子加工
11月 26 – 11月 27 all-day

申込みはこちら
開催案内はこちらからもご覧になれます。

12月
4
粉体エンジニア早期養成講座 集じん
12月 4 – 12月 5 all-day

申込みはこちら
開催案内はこちらからもご覧になれます。

1月
30
粉体エンジニア早期養成講座 ろ過
1月 30 – 1月 31 all-day

申込みはこちら 
開催案内はこちらからもご覧になれます。

 

前回(2018年度)参加者アンケートより

■1日目に原理についてなど理論的なお話があり、それを理解した上で、2日目に実際の装置を見学、また、測定することができ、より実践的な理解を深めることができました。非常に有益な経験となりました。
■粉砕の基礎からDEMシミュレーションに至るまでの最新情報を得る良い機会となりました。
■実技のついた講習会はなかなかないため、とても有益な講習会でした。また懇親会付きという点も技術の交流や先生方の話などが聞けて良かったと思います。
■技術交流会(懇親会)があったので、講師の先生だけでなく、受講者同士の繋がりもできて非常に良かったと思います。この度はありがとうございました。
■丁寧な資料(特にエクセル計算シート)のおかげで、設計計算の基礎がよく理解できました。
■当社の動機として、乾燥機導入に向けての知見が欲しかったので、機器選定についての情報が得られたことは有益でした。
■基本的に製品取出しは晶析~ろ過工程を伴いますが、この検討が疎かになりがちでトラブルも多いので、今回学んだ知識を深め、業務に取り入れていければと思っています。
■初級者向けで、講義・実習ともに分かり易い講習でした。
■実験などを通じて、理論通りの結果が得られ、身をもって感じることができた。
■専門家とのコネクションができた
■機械やろ布の選定やテストで採取するデータ、計算方法など、実際使える内容が豊富だったため。

≪交流会風景≫
CIMG15622018anketo12018anketo2

 

 

 

粉体エンジニア早期養成講座修了証
syuryosyo10講座のうち5科目以上を履修された方には「粉体エンジニア早期養成講座修了証」を発行します。2008年度は5名(開催初年度)、2009年度は5名、2010年度は2名、2011年度は2名、2013年度は1名、2014年度は8名、2015年度は3名、2016年度は1名、2017年度は1名、2018年度は3名に発行いたしました。

教育資料

粉体入門講座 入門の予習編"
粉体用語ポケットブック
日本粉体工業技術協会では、2017年9月に「粉体用語ポケットブック」を発刊いたしました。「粉体用語ポケットブック」は、粉体用語につき簡潔に解説した、ポケットサイズの辞典です。
定価1,944円(税込)、協会会員様には会員特価1,555円(税込)で販売いたします。

粉体用語ポケットブック"

ご購入は
日本粉体工業技術協会オンラインショップからお申し込みください。
粉体工学概論
「粉体エンジニア早期養成講座」を受講しようとする方など、粉体技術を深く学ぼうとする方の参考書として最適です。大学の「粉体工学」の講義テキストなどとしても使用されています。

粉体工学概論"

目次~1章までを公開しています。
上の表紙画像をクリックしてください!
ご購入は
日本粉体工業技術協会オンラインショップからお申し込みください。
粉体技術用語

粉体工業展大阪2019