粉じん爆発委員会

委員会職務

①粉じん爆発に関する調査、研究及び対策技術の普及を行う。
②粉じん爆発防止技術やマニュアル、規格などの作成を行う。

活動

  1. 安全教育
    粉じん爆発・火災安全研修(初級および中級)について、企画、運営をおこなう。講師の交代も考慮し、今後の講師の体制・講習内容を検討する。同時にテキスト(2冊刊行している)について、将来的に新講師により改訂をおこなう方向で検討する。

    • 粉じん爆発・火災安全研修【初級/基礎編】(毎年秋、関東関西交互に開催)の開催
      平成28年秋に、関西にて開催予定。平成27年度の研修で内容見直し、講師の交代をおこなったので、平成27年度とほぼ同様の体制で実施予定。
    • 粉じん爆発・火災安全研修【中級/技術編】(2年ごとの春に関東で開催)の計画
      平成29年春に、(独)労働安全衛生総合研究所で開催予定。内容の見直しをおこない、講師交代に対応してゆく。
  2. 規格の作成
    規格の周知や規格の運用面等でのフォローを継続してゆく。
  3. 行事等への対応
    • 国際粉体工業展東京2016における「粉じん爆発情報セミナー」の企画・開催予定
      学術情報、技術情報、規制・規格情報、国際動向、災害情報などからトピックスを選定して企画する予定。
  4. 最新の規制、規格等動向把握
    • 安全試験国際規格調査検討ワーキング・グループの設置
      平成27年度にキックオフしたワーキング・グループで、粉じん爆発・火災にかかわる海外の安全試験規格を調査し、整理する作業を進める。
    • IEC/TC31国内委員会への対応
      本委員会より山隈副委員長が参加し、動向をフォローしてゆく。
    • 粉じん防爆構造規格のIEC規格への整合化
      新たな工場電気設備防爆指針(国際整合技術指針)についてフォローを継続する。
  5. 分科会等との連携
    平成27年度は実施できなかったが、各工程を専門的に検討している分科会等との連携は有意義であり、今後とも機会があれば実施してゆく。

委員会開催予定

3回