電池製造技術分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成29年10月25日から26日にかけ、広島ガーデンパレスにて第2回電池製造技術分科会を開催いたしました。
1.「水素エネルギー技術の開発動向」
産業技術総合研究所 電池技術研究部門 副部門長 栗山 信宏氏
2.「CeNFのLIB部材への応用」
株式会社日本製鋼所 研究開発本部 広島研究所 副所長 中村 輸氏
3.「鉄箔を用いた次世代二次電池の開発」
新日鐵住金株式会社 技術開発本部 先端技術研究所 上席主幹研究員 永田 辰夫氏
4.「ポリマー電解質を用いたリチウムイオン二次電池の展望」
株式会社大阪ソーダ R&D本部 イノベーションセンター 主席 田渕 雅人氏
5.「ホソカワミクロンの測定器 」
ホソカワミクロン株式会社            橋本 洵平氏

燃料電池車の普及を担う水素エネルギー技術の開発動向、また、電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の安全性向上や耐久性向上を目指した、セルロースなのファイバー(CeNF)を用いた電池部材の開発、鉄箔を用いた次世代二次電池の開発、ポリマー電解質を用いた二次電池の開発などの講演が行われました。
翌日には、日本製鋼所株式会社の電池セパレータの製造プラントなどの見学会を行いました。

以上
カテゴリー: 活動報告, 電池製造技術分科会