集じん分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成28年8月24日、第2回分科会として人工鋳物砂(セラビーズ)の製造・販売をされている伊藤忠セラテック(株)塩草工場にて工場見学と講演を実施しました。具体的には、人工鋳物砂(セラビーズ)の製造工程の見学と、「人工鋳物砂(セラビーズ)の製造法や特性」および「人工鋳物砂(セラビーズ)生産工程におけるスプレードライヤー集じん」に関する2件の講演会です。

人工鋳物砂(セラビーズ)は、主にシェル砂(RCS)や自硬性鋳砂に使用されていて特徴は、耐火度が高く(1,680℃で焼成)且つ、耐摩耗、耐破砕性に強い事より、何度もリサイクルが可能であることが理解できました。
また、人工鋳物砂(セラビーズ)生産工程におけるスプレードライヤー集じん機の見学と講演により、温度管理と腐食対策などを充分に考慮した計画が必要であることを理解できました。
伊藤忠セラテック(株)様の人工鋳物砂(セラビーズ)の製造工程に関して、実際の現場見学と講演から、高い焼成技術力と品質管理技術力に関する貴重な情報が収集できました。

以上
カテゴリー: 活動報告, 集じん分科会