第66回金曜会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

2021年11月26日(金)、博多エクセルホテル東急にて、第66回金曜会が開催されました。まず初めに、当番会社 株式会社福岡タルク工業所 代表取締役社長 西山徳光 様より当番会社のご挨拶をいただき、山田会長の挨拶、前田専務の協会行事等連絡の後、株式会社ボナック 代表取締役社長 林 宏剛 様より、「ボナックが取り組むコロナ治療薬について」と題して、独自の核酸化学技術で希少性疾患を中心に核酸医薬を研究開発している同社の設立からこれまでの歩みを振り返りつつ、現在福岡県と取り組む新型コロナウイルス治療薬の開発についてご講演いただきました。
講演後は会場を移し、懇親会を開催いたしました。北九州市立大学 国際環境工学部 エネルギー環境化学科 教授 大矢仁史 様に乾杯のご発声をいただき、参加された皆様は和やかな雰囲気の中親睦を深められました。閉会時は、株式会社マツシマ メジャテック 代表取締役社長 池田憲俊 様より次回当番会社のご挨拶をいただき、続いて、当番会社 株式会社福岡タルク工業所 取締役副社長 西山泳三郎 様に閉会のご挨拶をいただき、盛会のうちに終了いたしました。ご参加頂きました皆様には、新型コロナウイルス感染防止対策にご協力いただき、改めて感謝申し上げます。

カテゴリー: 活動報告, 金曜会