造粒分科会

活動予定

 

造粒分科会とは

造粒分科会では、さまざまな工業分野における優れた造粒技術を中心に紹介し、他分野での技術革新に応用できるよう期待して技術的な討論を企画、実施している。特に造粒技術は人間の感性に依存する部分が多いため、実運転における困難性や経験則的な手法と理論的な分析整理の上に確立した「技術・運転手法」を紹介していく方針である。
分科会運営に関しては、科研製薬(株)の高岡昌義氏・吉田技術士事務所の吉田照男氏、関口勲中央大学名誉教授・粉体工学センター荒井信男氏に協力をお願いしている。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

改めて,造粒操作とは粉体材料の形態をコントロールして,バルクハンドリング(偏析,圧密,流動,溶解,崩壊,輸送,保全等)の向上及び機能性を付加することを目的とした単位操作である。求める粉粒体特性に向けて,形態設計(粒径・形状や内部及び外部の構造,組成,強度等),原料調製,造粒方法(成長,圧密,液滴発生様式)の選定と造粒品の評価に最適な造粒操作の選定が必要となる。最終形態品としての造粒から,バルクハンドリングのための中間形態品としての造粒と,他の単位操作との関連性がますます重要となっている。また,付与される機能の多様性から,例えば自己修復性や生体の機能もつインテリジェントでバイオミメティックな多機能性粉粒体が求められ,粉体材料のナノ粒子化や高分子,液晶,コロイド,生体分子などのソフトマター原材料とますます原材料の多様化に応じた精密な形態制御が重要となっている。それ故,例えば湿式造粒における液架橋力の評価に関しても,単純な幾何学的な近似手法ではもはや取り扱えない制御領域が増大し,シミュレーション手法の進展とともに,解析的評価が余儀なくされている。固液混相現象を取り扱う湿式造粒成長現象の数値的な可視化も多く報告され,造粒分野への応用がなされている。さらに,粒の形態に留まることなく種々な形態成形の製造にも造粒の基盤技術が求められている。一方,原材料の多様化により,例えば装置で閉塞が起こるトラブル発生と基本的な物性測定の必要性が改めて顕在化している。原材料の多様化とともに造粒の基盤技術を再構築する必要性もある。プロセスの構築においては,連続運転や循環式が求められており,造粒体の成長過程をインラインでモニタリングできる技術が必要であり,「PAT.リアルタイム・インライン計測を駆使した造粒システム」に関する話題提供を行い,造粒プロセス構築の進展に繋げていく。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    1)会員が業務上で取得したい情報の提供。ユーザーニーズとそれに答えるメーカーの技術・開発の努力を有効に繋げる。
    2)造粒による有用な複合材料の創生アプリケーションと様々な最新、ユニークな造粒技術、造粒装置の紹
    介。
    3)28年度に開催した”基本的造粒原理を理解するための小型研究機による実習付講座”を専門講座の範
    疇から分科会の活動の範疇として、定期的開催を計画。尚、2020年度が開催予定年度となるため今年度
    から計画立案を開始する。
  2. 2019年度の事業計画の概要と運営方針
    1)第1回分科会 医薬関連の工場見学、講演会を計画(乾燥分科会と合同で実施)
    (塩野義製薬株式会社摂津工場での見学・講演会)
    2)第2回分科会 中四国の環境関連企業の工場見学、講演会を計画
    3)技術討論会テーマを中長期的視点で検討実施

世話人

コーディネータ 中央大学 村瀬 和典
副コーディネータ 首都大学東京大学院 武井 孝
代表幹事 (株)ダルトン 小泉 一郎
副代表幹事 (株)奈良機械製作所 岩松 英敏
幹事 (株)菊水製作所 安宅 功一
(株)パウレック 内田 和宏
(株)アーステクニカ 太田 幹子
日本アイリッヒ(株) 小川 嘉康
フロイント産業(株) 栗田 雄二
(株)ダルトン 桑原 敏之
ライオン(株) 小林 大佑
(株)栗本鐵工所 藤井 淳

ロードマップ

活動報告

造粒分科会 報告
               集合写真

合同分科会 報告(乾燥&造粒)
               株式会社パウレック 松井講師の講演

造粒分科会 報告
               総合討論

造粒分科会 報告
               施設見学の様子

造粒分科会 報告
               講演会の様子

造粒分科会活動の歩み

造粒分科会のあゆみ
過去の分科会活動、要旨集の目次などを確認いただけます ⇒ 活動のあゆみ