造粒分科会

造粒分科会とは

造粒分科会では、さまざまな工業分野における優れた造粒技術を中心に紹介し、他分野での技術革新に応用できるよう期待して技術的な討論を企画、実施している。特に造粒技術は人間の感性に依存する部分が多いため、実運転における困難性や経験則的な手法と理論的な分析整理の上に確立した「技術・運転手法」を紹介していく方針である。
分科会運営に関しては、科研製薬(株)の高岡昌義氏・吉田技術士事務所の吉田照男氏、関口勲中央大学名誉教授・粉体工学センター荒井信男氏に協力をお願いしている。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

造粒操作に求められる多機能性発現に伴い、取り扱う粒子が微粒子化され、固体材料だけでなく高分子、液晶、コロイド、生体分子などのソフトマター材料や性状の異なる粉体材料による複合材料の生成技術として、取り扱う粒子が微粒子化するほど、粒体としての構造を制御する技術としてますます貢献度は向上している。流動性の悪い微粒子のハンドリングの向上は粒体としての分散性を向上させ、複合材料化ゆえに多種材料の均一混合特性及び付着分布の均一化のための前処理としても有効な操作となっている。一方,固液混相ともいえる湿潤粉体で、高液飽和度である懸垂域から索状域における材料生成にシフトしており、粉粒体構造に影響する高液飽和度での力学的特性や現象解明が今後重要である。造粒物性能評価に必要な凝集体内の粒子構造を把握するためには、シミュレーションによる可視化が今後不可欠であるが、凝集に伴う粒子粉粒体やバインダー液体の動的挙動をモデル化する新手法開発が望まれる。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    ・造粒による有用な複合物質の創成アプリケーションと、様々な分野の「最新、ユニークな造粒技術、造粒装置」を紹介し、この分野の啓蒙を図る。
    ・地道に開発を続けている造粒機器メーカーの新技術を洩れること無く、分析・紹介し、ユーザーニーズとそれに答えるメーカーの技術・開発の努力を有効に繋げてゆく。
    ・年間テーマに従った技術討論会を行い、また、同じテーマに関わる造粒の現場に足を踏み入れて、現場の雰囲気を肌で感じる施設見学会を実行する。
    ・いずれは「生命に関わる造粒技術」(精子、卵子,DNA、細胞等)を取り上げたい。
  2. 平成28年度の事業計画の概要と運営方針
    今年度は8月に基本的・典型的造粒装置を一堂に集め、専門技術者の指導を受けながら造粒操作を体験する専門講座の開催及び3月に「技術討論会」を企画、運営を実施する予定。

世話人

コーディネータ 中央大学 村瀬 和典
副コーディネータ 首都大学東京大学院 武井 孝
代表幹事 (株)ダルトン 桑原 敏之
幹事 (株)アーステクニカ 石井 隆司
(株)奈良機械製作所 岩松 英敏
日本アイリッヒ(株) 小川 嘉康
フロイント産業(株) 栗田 雄二
ライオン(株) 永野 達生
 (株)パウレック  久澄 公二
(株)栗本鐵工所 藤井 淳
(株)北川鉄工所 藤田 正俊
名誉幹事 吉原 伊知郎技術士事務所 吉原 伊知郎

ロードマップ

活動予定

 

活動報告

H27年度造粒分科会 報告
               綿野哲氏のご講演

H27年第1回造粒分科会 報告
               造粒分科会集合写真

合同分科会(食品粉体技術&造粒) 
               コーヒー豆の「生」と「焙煎後」サンプル

造粒分科会活動の歩み

造粒分科会のあゆみ
過去の分科会活動、要旨集の目次などを確認いただけます ⇒ 活動のあゆみ