食品粉体技術分科会

食品粉体技術分科会とは

食品粉体技術分科会のメインテーマは、食品製造の基本である「安全・安心」です。本分科会では、以下の課題について最新の技術を収集しています。

  1. 安全な食品製造のための単位操作技術と調理操作技術
  2. 食品の信頼性向上のための管理技術
  3. 消費者ニーズに対応した新たな製造技術
  4. 多品種少量生産のための生産システム

そして、得られた情報を会員に分かりやすく紹介しています。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

食品産業では「食の安心・安全」を確保するため、厳密な管理が求められています。特に、目視検査や簡便な機器分析では対応不可能な微粒子物質の検出とその除去技術の高度化が望まれています。また、心理的な異物に対する管理手法の確立や従事者の教育訓練も今後の重要な課題です。
1)国内の消費者は、毛髪や昆虫などの異物の混入に極めて敏感です。毛髪や昆虫は生体成分であるため、異物としての検出が難しく、新たな検出技術の開発や既存の検出装置の検出感度の更なる向上が求められています。
2)毎年ノロウイルスによる食中毒の発症事例が報告されています。生牡蠣の生産・流通過程では、ウイルスの除去に膨大なコストを掛けていますが、完全除去には至っていません。生物と非生物の中間的な物質であるウイルスの機械的分離が可能となる分離膜の安価な提供が求められています。
3)タンパク質などの分子レベルの異物では、食品の製造工程でのアレルゲンの検出や混入防止が今後も重要な課題となります。特に、簡便な検出手法であるイムノクロマト(特定原材料検出キット)のより安価な提供やアレルゲン含有粉じんの管理技術が求められています。
4)食品産業においても異なる文化を理解し、他文化との共生が求められています。個々の文化に基づく食物の禁忌(例えば、非ハラル食品=ハラム食品)について理解を深め、安心して口に入れられる食品を生産するための管理手法の確立や製造現場での教育訓練の必要性が高まっています。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    食品製造の基本となる『安全・安心』をメインテーマに、引き続き『新たな調理・生産方式』、『最先端の生産技術』、『食品の衛生管理』、『食品廃棄とリサイクル』などもテーマに活動したいと考えています。
  2. 平成27年度の事業計画の概要と運営方針
    中期活動テーマに沿って、食品工場の見学の他講演会や他分科会との共同開催などを通じ、食品に関わる新しい情報、技術を習得できる活動を行っていきたい。また、単位操作技術についての「基礎」と「最新動向」など食品メーカーに有意義な場を提供していきたい、と考えています。
    また、本分科会のテーマは食品に関わる重要技術を取扱っているため、協会のみでなく食品関連他団体とも連携して幅広く参加者を勧誘したい。

世話人

コーディネータ 広島大学大学院 羽倉 義雄
副コーディネータ 食品総合研究所 五月女 格
代表幹事 (株)日清製粉グループ本社 野村光生
副代表幹事 (株)竹中工務店 川島哲文
幹事 日本製粉(株) 永冨勝彦
(株)西村機械製作所 西村元樹
(株)日清製粉グループ本社 山田幸良
(株)サタケ 横山 亮
味の素(株) 涌田純也
名誉コーディネータ 東京海洋大学 高井陸雄

ロードマップ

活動予定

 

活動報告

食品粉体技術分科会 報告
               集合写真

食品粉体技術分科会 報告
               施設見学_メタン発酵槽

第1回食品粉体技術分科会 報告
               集合写真

H27年度食品粉体技術分科会 報告
               雪印メグミルク㈱様 施設見学 記念撮影

【再掲】H27年度第2回食品粉体技術分科会 報告
               綜合警備保障㈱展示場見学