微粒子ナノテクノロジー分科会

微粒子ナノテクノロジー分科会とは

プロジェクト型分科会として発足し、その後のナノテクブームにより粉体基盤技術系分科会として活動してきている。ナノ粒子の製造、利用、リスク管理について、バランス良く情報を収集・啓蒙を行っている。特に微粒子の産業応用に重点を置い
て、広く活用されるよう情報を発信していく予定である。

専門分野における現在の技術レベル、今後の動向と分科会活動について

ナノ粒子製造・分散・配列・素材設計技術などナノテクノロジーに関する粉体プロセス基盤技術は着実に進歩し、実用化・製品化事例も、材料、医療、化学プロセス等の分野では、導電材、トナー、医薬品等についてナノ物質の商品への適用も進んでいる。ナノ粒子、ナノ物質の安全な管理、ばく露防止技術や収率など生産性向上等の視点から、ナノ物質の分離・精製、集塵、ろ過等の従来の粉体プロセスに、ナノならではの技術的発展が求められている。一方で、従来の粉体工学関連分野以外の業界でナノ粒子、ナノ物質を利用した新規製品化事例もあり、幅広い分野での情報収集も必要である。他の分科会との横断的連携により、引き続き以下のような課題があり、これらについての情報収集・発信を通じて、会員に貢献する重要性が高まっている。
1)産業レベルでの低コスト・高品位製品の量産化、プロセス化。
2)製造されたナノ粒子、ナノ物質の多分野での応用・利用促進に必要な粉体プロセス技術(分散・凝集、集塵、ろ過、混合、乾燥、成形など)及びデバイス化技術等の発展。
3)ナノ粒子・ナノ物質の製造現場、製品利用から廃棄・リサイクルまでの物質循環過程での人体への曝露や環境中への排出防止など製品のライフサイクルを意識したプロセス技術の確立。
4)幅広い分野でのナノレベル技術の応用事例に関する情報収集と普及。

当年度事業計画の概要と運営方針

  1. 中期活動テーマ
    微粒子ナノテクノロジーの最新技術、製造、利用およびリスク管理について、海外を含めてバランス良く情報を収集するとともに会員企業に向けた啓発を行う。特に、微粒子・ナノ材料を如何に活用していくか、有効利用を念頭に、基礎・評価技術、利用技術および産業応用につながる会員企業にとって有効な情報発信に重点を置き活動を進める。また、協会・ナノ粒子利用技術委員会の活動を中核分科会として支えていき、分科会横串的な役割を担っていく。
  2. 平成27年度の事業計画の概要と運営方針
    ・濃厚系スラリー利用など微粒子・ナノ材料の有効利用を主なテーマとした講演会および見学会を分科会として企画開催(3回を予定)し、最新情報発信・啓発を進める。
    ・ナノ粒子利用技術委員会の活動を中核分科会として支えていく。

世話人

コーディネータ 東京農工大学大学院 神谷 秀博
副コーディネータ 京都大学大学院 宮原 稔
代表幹事 (株)栗本鐡工所 福井 武久
副代表幹事 スペクトリス(株) 鳥居 経芳
副代表幹事 (株)日清製粉グループ本社 中村 圭太郎
幹事 (株)ダルトン 井上 誠寿
(株)ノリタケカンパニーリミテド 左合 澄人
綜研化学(株) 山岸 雅幸
ホソカワミクロン(株) 渡邊 慶幸

ロードマップ

活動予定

 

活動報告

微粒子ナノテクノロジー分科会 報告
               集合写真(エコラボにて)

微粒子ナノテクノロジー分科会 報告
               h28%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e7%ac%ac1%e5%9b%9e%e5%be%ae%e7%b2%92%e5%ad%90%e3%83%8a%e3%83%8e%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%bc%e5%88%86%e7%a7%91%e4%bc%9a-2-1

H27年度合同分科会 報告(微粒子ナノテクノロジー&粒子加工技術)
               宮原先生の講演

H27年度第2回微粒子ナノテクノロジー分科会 報告
               工場見学の風景

第1回微粒子ナノテクノロジー分科会 報告
               ②ETH_3_Prof. E. J. Windhab研究室見学