規格委員会

委員会職務

1. 粉体工業技術に係わる国際・国内諸規格の調査・研究を行う。
2. 新規協会規格原案の審議及び規格案の理事会への堤案、並びに協会規格の管理を行う。
3. 新規JIS原案作成委員会の設立(理事会への提案及び原案作成)、並びに協会が作成したJISの管理を行う。
4. ISOの国際標準化作業及び幹事国業務を行う。
5. 協会が関与する諸規格の普及及び広報を行う。関連する分科会、委員会及び教育部門との協力による解説を行う。
6. 公庁、協会関連団体への規格・標準化に係わる表彰候補の推薦審査を行う。

活動

  1. 協会が関与する規格類(SAP,JIS,ISO)の現状把握
  2. JIS規格原案作成支援及び定期見直しの対応
    ・1-1に記した2件(微粒子強度試験,JIS Z 8801-1改正)のJIS原案作成
    ・JIS Z 8819-2:2001(平均粒子径)の改正(委員長:遠藤)
    ・ISO 19430:2016(粒子追跡法)のJIS化(委員長:綾氏)
    ・平成30年度に予定される8件にJIS見直しに対応
  3. 規格関連委員会の動向把握
  4. 規格・標準化事業の広報及び標準化セミナーの開催(9月予定)
    ・新規発行ISO及びJISの紹介・普及を粉体技術誌やセミナーを通じて行う。

粒子特性評価委員会

  1. ISO/TC 24/SC 4国際会議へ日本代表団として出席し、国際規格作成に参画する。
    ・第54回国際会議(イギリス・ロンドン、平成30年4月5~6日)
    ・第55回国際会議(中国・上海、平成30年10月15~16日)
  2. 定期見直しおよび各審議段階での投票に対し、各WG対応委員会を中心に審議し、投票する。
  3. レーザ回折法、沈降法、粒子標準物質、気相計測法など、当委員会が重点的に規格作成を進めている案件について、文書作成や新規提案を行う。
  4. 規格委員会が主催する新規発行ISOの紹介・普及活動を支援する。

ふるい委員会

  1. JIS Z 8801-1(試験用篩)の改定についての情報共有
  2. SC8会議(2018年10月,上海)に出席。その上で対応・フィードバックを検討

集じん技術委員会

・WG-A:休止中
・WG-B(委員長井村):2017.9パリ会議で活性化されたSampling and test method for cleanable filter media taken from filters of systems in operation “ろ布性能測定を目的とする稼働中集じんシステムからのろ布のサンプリング及び試験法”について、前年度に引き続き、ろ布劣化評価のため実稼働集じん施設でのサンプリングを実施し劣化測定と評価法の検討を行うとともに、規格原案を策定し2018年9月に開かれるTC142北京会議において論議する(PL:福井広大、金岡)。なお、本国際規格は、基本的には、JIS Z8910を翻訳し国際規格とするものである。
・WG-C(委員長杉野):ラウンドロビンテストを継続するとともに、その結果を組み込んだISO16313Part2規格原案を策定する。

平成30年度JIS原案作成委員会(1) JIS Z8819-2粒子径測定結果の表現-第2部:粒子径分布からの平均粒子径又は平均粒子直径及びモーメントの計算

2014年に改正されたISO 9276-2 Representation of results of particle size analysis — Part 2: Calculation of average particle sizes/diameters and moments from particle size distributionsに対応するJIS Z 8819-2の改正原案を作成する。
主な改正点は次のとおり:
・モーメントの基本的定義(箇条4)と平均粒子径(箇条5)の内容を合体し、箇条4とする。
・箇条5として、モーメント比による平均粒子径表記(M-R)法を追加する。
・箇条6として、M法とM-R法との関係についての記載を追加する。
・箇条7として、粒子径分布に関するパラメータ算出の精度の規定を追加する。
・Annex (Informative)として,M法及びM-R法による体積基準での平均粒子径及び標準編の計算例(Annex A及びAnnex B),並びに精度の例(Annex C)を追加する。

平成30年度JIS原案作成委員会(2) ISO 19430:2016 Particle size analysis — Particle tracking analysis (PTA) method(粒子軌跡解析法)のJIS化

2016年にISO/TC24/SC4で規格が新規に発行されたISO 19430:2016 Particle size analysis — Particle tracking analysis (PTA) method(粒子軌跡解析法)に対応するJISを発行する。

平成29年度JIS原案作成委員会(3) 微小粒子強度測定のJIS原案作成

H30年5月頃に最終の本委員会を開き、意見を統一し、規格協会へ原案を提出する。同年7月末を以て本委員会は終了となるが、その後、提出原案は規格協会と委員長・幹事間で修正作業を経て、約1年後にJISとして制定となる見込みである。

平成29年度JIS原案作成委員会(4) JIS Z8801-1試験用ふるい - 第1部:金属製網ふるい

5月頃に最終の本委員会を開き、意見の統一をし、規格協会へ原案を提出する。その後、規格協会との修正作業を経て、約1年後にJISとして制定となる見込みである。

委員会開催予定

規格委員会 2回
粒子特性評価委員会 2回
ふるい委員会 1回
集じん技術委員会 3回(委員会WG-B及びWG-Cを3回開催予定)
平成30年度JIS原案作成委員会(1)
 本委員会:3回
 小委員会:3回
平成30年度JIS原案作成委員会(2)
 本委員会:3回
 小委員会:4回
平成29年度JIS原案作成委員会(3)
 本委員会:1回
平成29年度JIS原案作成委員会(4)
 本委員会:1回

7月
4
第2回電気移動度法ワーキンググループ(WG12) @ 東京/種苗会館6階会議室(協会東京事務所上)
7月 4 @ 10:00 – 12:00

開催案内はこちらからもご確認いただけます。

第1回粒子特性評価委員会 @ 東京/種苗会館6階会議室(協会東京事務所上)
7月 4 @ 13:00 – 16:00

開催案内はこちらからもご確認いただけます。