粉体工業展委員会

粉体工業技術の開発、普及、改善及び向上を目的として、1976年に初めて東京で粉体工業展が開催されました。粉体機器・装置などを中心に、粉体技術の最新情報を総合網羅した唯一の展示会として、内外から高い評価を得てきました。回を重ねるにつれて規模を拡大し、現在では東京・大阪の2地区で定期的に開催されています。粉体工業展のもう一つの特徴は、併催事業にあります。粉体工学会による秋期研究発表会、分科会を中心とした日頃の活動成果を発信する粉体技術フォーラム或いはシンポジウム、粉体技術の先端的話題を提供する最新情報フォーラム、シーズとニーズの出会いの場である産学官連携フェア、粉体技術に係わるよろず相談コーナー等は毎回好評で展示会来場者には高い評価を得ています。

国際粉体工業展東京2018

名 称 国際粉体工業展東京2018
POWTEX TOKYO 2018
テーマ この一粒・・・夢をかたちに─粉の技術─
会 期 2018年11月28日(水)~11月30日(金)
開場時間 9:30~17:00
会 場 東京ビッグサイト(東1・2・3ホールおよび会議棟)

粉体工業展大阪2017

終了しました。多くのご来場をいただきありがとうございました。

名   称 粉体工業展大阪2017
POWTEX OSAKA 2017
開催テーマ image
会   期 2017年10月11日(水)~ 13日(金)
10:00~17:00(3日間とも)
会   場 インテックス大阪(南港) 4・5号館
開催規模 203社・団体 621小間
来場者数 3日間  9,976 名
(11日(水) 3,102名 /
12日(木) 3,064名 /
13日(金) 3,810名)

国際粉体工業展2016

名 称 国際粉体工業展東京2016
POWTEX TOKYO 2016(第21回)
テーマ この一粒・・・夢をかたちに─粉の技術─
会 期 2016年11月30日(水)~12月2日(金)
10:00~18:00(但し12月2日 最終日は17:00まで)
会 場 東京ビッグサイト(東1・2・3ホールおよび会議棟)
開催規模 317社・団体 1,025小間
来場者数 3日間  16,789 名
(11月30日(水) 5,127名 /
12月1日(木) 5,220名 /
12月2日(金) 6,442名)

 

委員会職務

①協会が主催する粉体工業展の基本計画立案と中長期計画を策定する。

活動

  1. 2020東京オリンピックによる東京ビッグサイトの使用状況の情報収集とその対策を検討する。
  2. 「粉体工業展大阪2017」の反省などをふまえ、「国際粉体工業展東京2018」を支援・助言する。
  3. 粉体工学会との協力体制を強化する。
  4. 海外交流委員会と協力し、世界の主要粉体工業展の情報収集を図る(iPBS CHICAGO 2018には視察および交流の為1名参加)。

委員会開催予定

大阪/東京粉体工業展委員会開催に併せ1~2回開催予定