ナノ粒子利用技術委員会

委員会開催予定

委員会:3回
小委員会:3回

 

委員会職務

  1. 協会内の委員会や分科会が持っているナノ粒子利用技術の連携を促進する。
  2. ナノ粒子利用に関連する技術情報を粉体関連業界へ発信する。

活動

  1. 委員会の委員、ナノ粒子を専門としている大学の先生および企業の研究者による講演を行い、ナノ粒子材料の合成、分散、製品化の現状と問題点を議論し、ナノ粒子の利用において求められる技術および課題となっている問題点を明らかにする。さらに、ナノ粒子・粉体プロセス技術におけるIoTおよびAIの導入状況を、委員会での講演を通して調査する。
  2. これまでに委員会で講演された内容、ナノ粒子の利用状況と、その利用における問題点をまとめるために、ナノ粒子を対象とした単位操作の研究状況、ナノ粒子の最新の研究状況などに関して、委員へのアンケート調査の整理結果から明らかにする。
  3. 注目すべきナノ粒子プロセス・装置などの情報の収集を、ナノ粒子関連の国内およびドイツでのPOWTECHなどの国際展示会への参加、および粉技協の他の分科会より行う。同時に、同上のアンケート調査より、「ナノ粒子の利用に求められる技術および課題」に関して得られた情報を、委員会および国際粉体工業展東京2020の「ナノ粒子利用技術に関するセミナー」で公開する。
  4. 本委員会の活動を引き継ぐために、関連する微粒子ナノテクノロジー分科会、粒子積層技術分科会などとの連携を強化する。