ISO対応委員会

委員会職務

①協会に関係あるISOについての調査、研究、普及を行う。
②協会が関係するISOについて国内審議団体として、原案の作成及び審議を行う。
③必要な場合、ISO幹事国業務を担う。

活動

ISO対応委員会

・ISO/TC24/SC4を含めた粉体工業技術に関連する国際標準化の現状と動向を把握してもらうため,「国際幹事報告会」「関連ISO/TC/SC報告会」を開催する。
・TC 24/SC 4国際幹事の業務遂行を支援する。

粒子特性評価小委員会

平成28年度に引き続き、ISO/TC 24/SC 4におけるISO規格文書作成に取り組む。
(1)ISO/TC 24/SC 4国際会議へ日本代表団として出席し、国際規格作成に参画する。
  ・第52回国際会議(東京、平成29年5月29~30日)
  ・第53回国際会議(アメリカ・カリフォルニア州アーバイン、平成29年秋)
(2)定期見直しおよび各審議段階での投票に対し、各WG対応委員会を中心に審議し、投票する。
(3)レーザ回折法、沈降法、粒子標準物質、気相計測法など、当小委員会が重点的に規格作成を進めている案件について、文書作成や新規提案を行う。
(4)遠藤委員が2015年1月から3年間担当しているSC国際幹事業務を支援する。

ふるい小委員会

・JIS Z 8801-1(試験用篩)改訂についての検討
・ISO 2395「Test sieves and test sieving -Vocabulary」の改訂についての検討

集じん技術小委員会

・WG-A:休止中
・WG-B(委員長井村):2016.9アトランタ会議で承認されたSampling and test method for cleanable filter media taken from filters of systems in operation “ろ布性能測定を目的とする稼働中集じんシステムからのろ布のサンプリング及び試験法”について、前年度に引き続き、確認のための実稼働集じん施設でのサンプリングと劣化評価を実施するとともに、規格原案を策定し、9月に開かれるTC142パリ会議において論議する(PL:福井広大、金岡)。なお、本国際規格は、基本的には、JIS Z8910を翻訳し国際規格とするものである。
・WG-C(委員長杉野):ラウンドロビンテストを継続するとともに、その結果を組み込んだISO16313Part2規格原案を策定する。

委員会開催予定

ISO対応委員会 1回
粒子特性評価小委員会 2回
ふるい小委員会 1回
集じん技術小委員会 3回
小委員会WG-B及びWG-Cを3回開催予定

4月
27
集じん技術小委員会合同委員会(WG-B及びWG-C) @ 東京/協会東京事務所会議室(種苗会館6階)
4月 27 @ 13:00 – 16:00

当協会はこの行事を協賛しています。