ブログアーカイブ

造粒分科会 報告

講演会の様子

平成30年3月9日、今回の分科会では、「造粒技術における添加剤の役割と効果」をテーマとし、造粒操作を行う上で必須と物質である添加剤をテーマとして取り上げ、目的、作用、用途、利用方法等々、造粒操作での添加剤の関わりについて

カテゴリー: 活動報告, 造粒分科会

造粒分科会 報告

講演風景

平成29年3月10日、今回の分科会では、「デジタルエンジニアリングに関わる造粒技術」をテーマとし、粉体業界でも活発に活動されているデジタルエンジニアリングの1つとして数値シミュレーションをテーマとして取り上げ、粉体プロセ

カテゴリー: 活動報告, 造粒分科会

H27年度造粒分科会 報告

綿野哲氏のご講演

平成28年3月11日、中央大学 後楽園キャンパスにて、本年度テーマでもある「連続造粒プロセスの紹介」を基に今回の分科会は「目的に応じて利用されてきた連続造粒技術と最近注目されている連続機能性粒子創製プロセス」を取り上げて

カテゴリー: 活動報告, 造粒分科会

H27年第1回造粒分科会 報告

造粒分科会集合写真

平成27年10月9日、第1回造粒分科会として、太平洋セメント株式会社 埼玉工場にて見学会・講演会を開催致しました。 まず初めに、結晶性鉱物の造粒物;焼成工程でクリンカに造粒し、セメントに仕上げるプラントの見学をしました。

カテゴリー: 活動報告, 造粒分科会

合同分科会(食品粉体技術&造粒) 

コーヒー豆の「生」と「焙煎後」サンプル

平成26年度 第2回分科会は群馬県太田市にあるAGF関東㈱様のご協力を得て、造粒分科会との合同分科会として開催されました。 開会に際し食品紛体技術分科会のコーディネーターの広島大学大学院羽倉先生よりコーヒーには造粒技術も

カテゴリー: 活動報告, 造粒分科会, 食品粉体技術分科会