H27年度輸送分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成28年3月8日、第3回分科会は、株式会社DINS堺のご協力により開催いたしました。㈱DINS堺では混合廃棄物の高度選別を実現した「RAC事業所」と、廃木材から燃料用バイオエタノールを製造する「バイオエタノール事業所」を有しており、その両事業所を見学しました。「RAC事業所」では、入荷した廃棄物の各選別(重機、人、機械)の工程を、「バイオエタノール事業所」では、プラント内の外周側から直接設備を見学しました。各事業所共に道中では担当者による細かな説明があり質疑応答も多く行われました。
次に、千葉大学大学院 廣瀬氏より、「インピーダンス・リアルタイム計測による比重分離機の高精度化」について技術講演いただきました。リサイクル関連で用いられる分離機技術についての内容であり、関連性も高いため、㈱DINS堺の方も参加され、有意義な講演となりました。

カテゴリー: 活動報告, 輸送分科会