H27年度第2回電池製造技術分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成27年10月29~30日にかけ、第2回電池製造技術分科会として、xEVやEVバスなど大型用途で展開される蓄電デバイスと、それらを支える材料技術や粉体加工技術についてテーマを選定し、米沢市 伝国の杜 置賜文化ホールにて講演会を、有機エレクトロニクスイノベーションセンター蓄電池部門飯豊拠点にて見学会を行いました。山形大学はじめ、東北経済産業局、山形県、米沢市、飯豊町、山形銀行のご支援を得ましての開催となり、183名の方にご参加いただきました。
今回の分科会は、電池製造技術分科会とJapan-Taiwan joint symposium on advanced materials and powder processing technologies for energy storage devicesとの初の合同開催となりました。日台交互に行った講演は蓄電デバイスとそれらを支える材料技術や粉体加工技術について興味深い講演が多数ありました。また国内メーカーによる多数のポスターセッションと大型電池の製造・評価施設の見学を実施しました。

カテゴリー: 活動報告, 電池製造技術分科会