H27年度第2回輸送分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成27年11月20日、AGF関東工場株式会社にて見学会・講演会を開催しました。埼玉県熊谷駅に集合し、バスでAGF関東工場へ移動しました。AGF関東工場の歴史、コーヒー製造におけるポイントなどの説明を頂いた後、スティックコーヒーの包装ライン、インスタントコーヒーの袋詰めライン、一人用のレギュラーコーヒーの包装ラインを見学させて頂きました。
その後、熊谷市コミュニティセンター会議室に場所を移して、群馬大学大学院工学研究科石間経章教授様より「分散系混相流のレーザー計測法の紹介と研究事例について」ご講演を頂き、続いて、日清エンジニアリング㈱営業部岡田隆史様より「マトコンIBCシステム製品紹介」を頂きました。
AGF関東工場は、コーヒーの味香を飛ばさないように輸送するラインや、ロボットを導入・自動化された包装ラインを見学し、時間ぎりぎりまで質問が出されました。
石間教授のご講演では、大学院生に授業で説明されるようなレーザードップラー効果の基礎の説明から、粒子径の実験結果まで興味の尽きない内容でした。日清エンジニアリング㈱の製品紹介は実際に導入されたプラントの写真を用いて説明が行われ、分かり易い製品紹介となりました。

カテゴリー: 活動報告, 輸送分科会