電池製造技術分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成28年6月29日、東京大学 生産技術研究所にて、第1回分科会を開催し、100名を超すご参加を頂きました。
講演の演題としまして、
1.「電力システムにおける電池・燃料電池の役割と将来展望」
財)電力中央研究所 材料科学研究所  副参事  池谷知彦様

2.「EVの高性能化と次世代電池の開発、将来展望」
日産自動車(株) EV技術開発本部        明石寛之様

3.「ニッケル水素電池の最新開発動向」
FDK(株)ニッケル・水素電池事業部 技術部部長 矢野尊之様

4.「大型電池用安全性評価設備の導入と今後の展開」
独)製品評価技術基盤機構 国際評価技術本部   石垣宏毅様

5.「東洋ハイテック(株)の粉体機器紹介 」
東洋ハイテック(株)   営業本部東京営業部   櫛田隆雄様

国内外における電力システムの現状と将来展望、自動車メーカーからの電気自動車(EV)の実情と展望、電池メーカーからニッケル水素電池の工業用途向け開発とターゲット市場、NITEより大型蓄電池試験評価施設の概要と活用方法、今後の展開の講演がなされました。

以上
カテゴリー: 活動報告, 電池製造技術分科会