集じん分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成29年12月12日、平成29年度第3回集じん分科会を、水と空気のトータルソリューションを提案されているテラル株式会社(所在地:広島県福山市)にて、テラル株式会社本社工場の見学および技術講演を主な内容として実施しました。
最新の送風機やポンプの製造組立工場及び性能試験場の見学と、テラル殿による「送風機、ポンプ類の使用事例と今後の動向」及び広島大学福井教授による「集じんに関する国際規格の現状とISO/PWI22031:稼働中の集じん機ろ布の劣化検証試験方法」の技術講演をして頂きました。
工場見学では、「トヨタ生産方式」のかんばん方式(必要なものを必要な時に必要なだけつくって運ぶ仕組み)を採用して、より安く早くお客様にお届けするために、あらゆるムダを徹底的に無くす事を目指している生産方式を見学させて頂きました。講演では、集じんに関する国際規格:稼動中の集じん機ろ布劣化検証試験方法の有効性を解説して頂きました。

以上
カテゴリー: 活動報告, 集じん分科会