集じん分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成29年5月19日、平成29年度の第1回分科会として、㈱神戸製鋼所殿のご厚意により、㈱コベルコパワー神戸の神戸発電所の見学を粉体工学会 集塵技術の多機能化研究会と合同で実施しました。
神戸発電所は、電気卸供給事業として国内最大規模の微粉炭火力発電所であり、都市部に立地していることから、最高水準の環境設備を備えていました。また、併設されている「製鉄・発電・エネルギー・環境」をテーマにした灘浜サイエンススクエアの見学も実施して、鉄鋼業、火力発電など神戸製鋼所が関わる様々な設備に対する理解を深めました。
設備見学では、実際にボイラ・タービン建屋内で蒸気タービン・発電機や中央操作室の見学が出来て貴重な情報の収集が出来ました。また、ボイラ・タービン建屋内の屋上で発電所全体の設備を確認して一連の設備確認と大規模な設備の全容を深く理解することが出来ました。

以上
カテゴリー: 活動報告, 集じん分科会