集じん分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成29年2月22日、平成28年度第4回集じん分科会として電気事業に関する研究開発を行っている(一財)電力中央研究所にて「微粉炭製造システムにおける粉じん爆発抑制対策」をテーマに講演と石炭燃焼試験装置に設置された粉じん爆発抑制装置、および集じん装置を中心とした排煙処理装置等の設備見学を実施しました。
具体的な講演としては、「微粉炭製造システムにおける粉じん爆発抑制事例紹介」および「微粉炭製造システム及び石炭捕集事例紹介」の2件でした。
また、石炭燃焼試験装置及び排煙装置の研究設備見学を行い、石炭の粉砕、燃焼、排ガスや煤塵の処理の各工程を理解できました。
特に、シングルバーナー炉、3段バーナー炉、乱流燃焼モデリング炉、数値解析などで得られる評価検証データを蓄積して、海外のさまざまな国で産出される多様な石炭を火力発電に利用する為に進められている研究に関する貴重な情報が収集できました。

以上
カテゴリー: 活動報告, 集じん分科会