集じん分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成28年12月21日、第3回分科会として集じん装置の製造・販売をされている日本スピンドル製造(株)様にて工場見学と講演を実施しました。
具体的には、集じん装置のテストプラントの見学と、「集じん装置の性能測定方法と米国における集じん装置の性能測定状況」および「都市ごみ用集塵装置におけるHCL除去用消石灰使用量の削減方法」、「海外各国の粉じん爆発規制の動向と爆発抑制技術の紹介」に関する3件の講演です。
集じん装置のテストプラントの見学を行い、経済産業省 産業技術環境局長賞を受賞されたエコパルサーの機構や評価方法、省エネ効果などを理解できました。
海外規格や海外動向をテーマにした講演により、集じん装置性能測定法の国際規格(ISO)制定への取り組み状況に加え、米国における性能測定法や規格の現状、海外各国の粉じん爆発規制動向と爆発抑制技術などを把握できました。
また都市ごみ用集塵装置におけるHCL除去用消石灰使用量の削減方法に関する開発、評価検証に関する貴重な情報が収集できました。

以上
カテゴリー: 活動報告, 集じん分科会