粉体ハンドリング分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

2019年12月11日、第3回分科会として「汚染された粉体プロセスのリセット術、最新の異物除去テクニック」をテーマに技術講演および異物除去に関する製品紹介を株式会社日清製粉グループ本社にて開催いたしました。
まず初めに、村上代表幹事、河府副コーディネータより開会の挨拶が述べられ、1件の講演および4件の製品紹介を行いました。

講演①【粉粒体製造工程における異物除去技術と応用】
トリプルエーマシン株式会社 代表取締役 博士 石戸克典 氏

製品紹介① 光を用いた食品異物検出技術 ~X線から近赤外まで~
浜松ホトニクス株式会社殿 システム事業部 企画部 販売戦略G 土屋邦彦 氏

製品紹介②高磁力マグネットによる金属異物除去~食品粉粒体製造ラインに適した技術紹介~
株式会社マグネテックジャパン殿 企画室 大西貴 氏 営業部 営業課 松岡大介 氏

製品紹介③「顆粒剤(粉体)異物検査装置 VISCANNER GIOC-Sシリーズのご紹介」
ライオンエンジニアリング株式会社殿 FIシステム事業部 事業部長 天辰秀生 氏

製品紹介④インラインシフターQAシリーズ ~空気輸送中の粉体から異物除去~
日清エンジニアリング株式会社殿 粉体事業部 機器販売センター 担当課長 本多肇氏

講演会後、村上代表幹事より閉会の挨拶および懇親会の行程や会場について述べられ、河府副コーディネータより本日の分科会の総評をいただき乾杯の音頭で懇親会が開会し、参加者同士の名刺・情報交換が和やかに行われました。

以上
カテゴリー: 粉体ハンドリング分科会, 活動報告