粉体ハンドリング分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成30年9月6日、兵庫県篠山市にある東洋ハイテック株式会社 粉体技術センターにて、第2回分科会を開催いたしました。
まずはじめに、村上代表幹事より、台風災害(9/4)、地震災害(9/6)に見舞われた地域の方々へ早い復興を祈られた後、工場見学会場及び当番幹事会社である東洋ハイテック株式会社へお礼が述べられました。次に、松坂コーディネータより、東洋ハイテック株式会社のご厚意により新しい会場ならびに工場見学をさせて頂くことに感謝を述べられ、工場見学(第3,4棟とリユース工場の2か所)とアシザワ・ファインテック株式会社の石井様の技術講演と盛り沢山の内容となっており、懇親会もおこない有意義な一日となることを祈っていると述べられました。当番会社からの挨拶では、東洋ハイテック株式会社 専務取締役 桜井敏夫様より、本日の参加者の方々へお礼の言葉が述べられ、篠山市の歴史や特産品について、そして粉体技術センターの説明をしていただきました。

技術講演では、「乾式粉砕における粒子の挙動 -乾式ビーズミルの粉砕性能-」と題し、アシザワ・ファインテック株式会社 微粒子技術研究所 石井利博様より、同社の会社概要説明の後、技術講演が行われ、質疑応答も活発に行われました。次に、4班に分かれ、第3、4棟とリユース工場見学が実施されました。棟内は丁寧に清掃されており、粉を扱っている現場とは思えないほどでした。AMIXON社の混合機、NETZSCH社の分級機・粉砕機など個々に説明していただき参加者からあがった質問にもわかり易く回答していただきました。また、AMIXON社混合機、NETZSCH社分級機、ハイボルタ/粉砕分級機など、各製品の詳細に説明いただきました。リユース工場では、広大な敷地内に分類ごとに中古機が展示されていました。中古機を買い取り、自社で整備し展示販売をされているとのこと。購入を希望されるお客様には、この工場に来ていただいて実物をみて購入していただく。HP上には、実物写真と価格を掲載して、来る前に確認してもらい訪問いただいているということでした。
懇親会では、副コーディネータ河府先生より挨拶を頂き、村上代表幹事の乾杯の音頭で開会しました。会員同士の情報交換、親睦は和やかに行われ、参加者全員から一言挨拶の場を設け楽しく会が行われました。

以上
カテゴリー: 粉体ハンドリング分科会, 活動報告