粉体ハンドリング分科会 報告

以上

スライドショーには JavaScript が必要です。

10月27日(金)、株式会社ダイフク 滋賀事業所内「日に新た館(マテハン・ロジスティクス総合展示場)」にて、第2回分科会を開催いたしました。
まず初めに、村上代表幹事氏より開会の挨拶、松本コーディネータに挨拶をいただいた後、見学会へ移りました。
見学会では、株式会社ダイフク マテハン・ロジスティクス総合展示場 日に新た館 見学 同館長の高光功一様より、会社PR映像の上映とともに会社概要について説明を受け、その後2班に分かれ工場見学及び説明を受けました。
見学会の後は、技術講演及び製品紹介を行いました。

  • 『医薬業界に見るマテリアルハンドリング変遷、そしてマテリアルハンドリングの未来』
    株式会社 ダイフク殿 FA&DAシステムハンドリングソリューション2部 部長 日南 栄次郎 氏
    (1)医薬業界でのマテハン変遷
    (2)マテハン業界の今後の見通し
    (3)最先端医薬品Model工場
  • 製品紹介① 『粉を積んでるパレタイザ』:マテハンを支えるパレタイジング技術
    株式会社 モノリクス 代表取締役社長 齋藤 紀之 氏
  • 製品紹介② 『粉体用コンテナの自動搬送設備』:コンテナ・システムを使った自動化の事例紹介
    日清エンジニアリング 株式会社 営業部 担当課長 岡田 隆史 氏

懇親会では、松坂副コーディネータより本日の分科会の総評と、株式会社ダイフク見学スタッフの方々、当番幹事の丸尾カルシウム株式会社の方々、講師初め製品紹介の方々へ感謝の言葉が述べられ、村上代表幹事の司会で進行し、会員、参加者の親睦、交流、名刺交換が和やかにおこなわれました。

以上
カテゴリー: 粉体ハンドリング分科会, 活動報告