粉体シミュレーション技術利用分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成29年12月14日、本年度の第2回粉体シミュレーション技術利用分科会として、「第1回粉体シミュレーション技術利用シンポジウム」と題した講演会及び技術展示を東京大学駒場キャンパス生産技術研究所コンベンションホールにて開催しました。
基調講演では主に製造現場を対象とした粉体シミュレーションの役割について、特別講演では火力発電分野における活用事例について、解析条件を示しながらわかりやすく説明されました。また、商用シミュレーションソフトウェアの最新機能及び活用事例の紹介、シミュレーション入力で必要となる物性値や妥当性検証で必要となるハイスピードカメラに係わる最新機器の機能紹介等を、展示コーナーに設けた実機展示と合わせて行うことにより、参加者に対して実用に向けた説明を行うことができました。さらに、国内および豪州から混相流・粉体シミュレーションの第一人者をお招きして開催した日本-豪州シンポジウムでは、両国における最新の研究内容や技術動向が討論されました。

以上
カテゴリー: 粉体シミュレーション技術利用分科会, 活動報告