第59回 金曜会 報告

平成30年11月2日(金)、博多エクセルホテル東急にて、第59回金曜会が開催されました。当番会社 株式会社福岡タルク工業所 代表取締役社長 西山徳光様よりご挨拶をいただき、山田会長の挨拶、協会連絡事項の後、国立大学法人九州大学大学院 教授 近藤哲男様より「水中カウンターコリジョン法~どんな利点のあるセルロースナノファイバー製造法?」と題してご講演をいただきました。講演後は会場を移り、理事 赤堀肇紀様に乾杯のご発声をいただき、和やかに懇親会が行われました。途中初参加会員のご挨拶、次回当番会社 株式会社マツシマ メジャテック 取締役福社長 池田憲俊様、当番会社 株式会社福岡タルク工業所 取締役副社長 西山泳三郎様のご挨拶をはさみ、盛会のうちに終了いたしました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

講演は、最近注目されている、植物繊維からつくる新素材「セルロースナノファイバー」についてのお話でした。セルロースナノファイバーとはどんな素材なのか、その利点、製造方法、そして近藤様が取り組んでいる製造方法「水中カウンターコリジョン法」につき、いろいろな例えを交えて、わかりやすくご説明いただきました。
粉体にも関連したお話に、参加者も熱心に聞き入っていました。

カテゴリー: 活動報告, 金曜会