第210回木曜会 報告

平成29年12月7日(木)、ANAクラウンプラザホテル大阪にて「技術情報交流懇話会 第210回木曜会」が開催されました。当番会社アイシン産業株式会社 代表取締役社長 村上 徹様のご挨拶の後、山田会長の挨拶に続き、豊見専務理事より協会連絡事項があり、豊田安全衛生マネジメント株式会社 顧問 平井俊洋様より「社会に求められるリーダーシップとは」と題し、ご講演をいただきました。その後会場を移し、牧野副会長に乾杯の発声をいただき、和やかに懇親会が行われました。閉会時には、三興空気装置株式会社 代表取締役社長 藤原史朗様より次回当番会社のご挨拶をいただき、中締めでは、アイシン産業株式会社 取締役 管理本部長 宮川道大様にご挨拶をいただいた後、盛会のうちに終了いたしました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

労働者が安全で健康的に仕事をするために、事業者は労働環境を整備しなければならない。管理者としてはリーダーシップの取れる人材が必要で、労働衛生対策をしっかりと行い、労働者との間に「感謝と思いやり」の関係を築くことで信頼関係がうまれ、労働者は安心して働くことができます。このような信頼関係は、やがて会社の利益に繋がっていくのではないかと思いました。講演では、ラグビーボールを使ってキャッチボールが行われました。ボールを投げる際は相手のことを思いやって投げる、これが事業者と労働者の関係である、ということを実践をもって知ることができました。

カテゴリー: 活動報告, 木曜会