第207回木曜会 報告

3月2日(木)大阪/ANAクラウンプラザホテル大阪にて「技術情報交流懇話会 第207回木曜会」が開催されました。当番会社 株式会社 セイシン企業 代表取締役社長 三島 重信氏のご挨拶、当協会 山田 幸良会長の挨拶、大阪粉体工業展委員会からのお願いなどがあり、大妻女子大学名誉教授 大森 正司氏による「日本茶の今とこれから」のご講演をいただきました。講演終了後には、懇親会が行われました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

大森氏がお茶研究を志すきっかけになったのが、小幡 弥太郎氏や山西 貞女史との出会いだったとのお話から、日本茶の現状、お茶に含まれる成分や効能、美味しいお茶の淹れ方や飲む以外でのお茶の利用方法についてなどのお話いただきました。講演中に参加者に配られたギャバロン茶は、血中アルコール濃度が通常より早く消えやすい効果があるとのことでした。二日酔いの予防に、一度試されてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 活動報告, 木曜会