第2回輸送分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成28年11月18日(金)、第2回分科会として、静岡県にある株式会社喜作園経営のテーマパーク“グリンピア牧之原”を見学させて頂きました。
“グリンピア牧之原”は仕上げ工程の再製工場、包装工場、牧之原歴史室からなる工場棟と冷蔵庫、直売店、食事店、からなる施設で今回は、再製工場の仕上機、選別機、合組機の稼動状況を見学し各機器を繋ぐバケットコンベア等輸送機も見学することができました、またお茶教室にておいしいお茶の入れ方体験もでき有意義な見学会となりました。
技術講演では、『造粒 DEM シミュレーションについて』のテーマで現実の造粒物に近いをシュミレーションするためのパラメーターの決定にはメカニズムを分析する必要があり、高粘度物に対し祖視化モデル、粒子接触液分散、粘性力モデル開発について聴講しました。参加いただいた方から突っ込んだ質問もあり大いに盛り上がり盛況のうちに終了しました。
製品紹介では“そこ残留を見逃さない”『環境対応植物系コンベヤ』が紹介されました。
見学会では普段体験できないことを体験でき、技術講演・製品紹介では活発な質問もでて大変有意義な分科会が開催できたと思います。

以上
カテゴリー: 活動報告, 輸送分科会