電池製造技術分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成29年6月30日(金)、東京大学生産技術研究所にて第1回電池製造技術分科会を開催いたしました。
134名の方々にご参加いただきました。
(講演詳細)
講演
1.「ハイブリッド車用二次電池の開発状況と誤用安全性試験および再利用についての取り組み」
    プライムアースEVエナジー㈱ Ni-MH技術部   部長 坂本 弘之 氏

2.「民生用リチウムイオン電池の開発状況と今後の展開」
    TDK㈱ 技術・知財本部 応用製品開発センター     佐野 篤史 氏 

3.「高電圧、高容量、高安全な車載用リチウムイオン電池の実現に向けた各種材料の開発状況」
   三井金属鉱業㈱ 機能材料事業本部 機能材料研究所 所長 安田 清隆 氏
                          リーダー 井出 仁彦 氏
4.「車載用リチウムイオン電池の性能と安全を保障するための高度解析技術の開発」
   ㈱住化分析センター 工業支援事業部  グループリーダー 島田 真一 氏

5.「気流式ふるい分けによる分級と評価 」
    (株)セイシン企業                      南 勇 氏

今回の講演会では、ハイブリッド車用電池の開発状況と今後の展開、スマートフォン用電池の開発状況と今後の展開、電気自動車用の高容量、高電圧、高安全な電池材料の開発、車載用リチウムイオン電池の性能と安全を保障するための高度解析技術、電池技術を支える粉体技術等の講演がありました。

以上

カテゴリー: 活動報告, 電池製造技術分科会