第1回クリーン化分科会

スライドショーには JavaScript が必要です。

題名:第1回クリーン化分科会「食品製造工場の施設見学と講演会」
日時:平成26年6月5日(木) 13:50~17:30
場所:工場見学:佐藤食品工業株式会社 東港工場 無菌米飯工場ライン
参加者:17名

□見学会□渋谷工場長から工場紹介ビデオを見せていただき、工場全体の製造ラインの流れ、特色が理解できた。その後、渋谷工場長はじめ数名の工場スタッフの方々の先導で、3班に分かれ東港第1工場、第2工場の無菌米飯工場を見学し、精米→洗米・浸漬→個食充填→短時間高圧瞬間殺菌→連続炊飯→充填→包装シール→重量選別・金属検出→リークテスター→X線→箱詰め→出荷ラインを説明いただいた。
□講演会□日立の末松氏に食品工場における省エネ技術とクリーン化技術について最新情報をご講演いただき、大谷教授にフィルターの効率を利用した粒度分布や遠心力を利用したフィルタリング技術の紹介をいただいた。
□感想□・場内を詳しく見学、説明いただき無菌米飯製造の詳細を知ることができた。・これまで食べていた佐藤食品工業のご飯がどのようにして製造されるかがわかり安心して食べられるご飯を身近に覚えた。・一食づつお釜の形に入れられ厚釜でガス直火で炊かれていたとは知らなかったのでそのこだわりなど驚かされた。・食品工場では多くのエネルギーを使用するので、今後の省エネルギー技術の開発など課題を明確にし技術の集約が必要と感じた。
・ナノ粒子をはじめ、フィルターリング技術の開発によりさまざまな新規技術の発展につながることもわかり、今後の技術開発に向け努力が必要と再確認した。

カテゴリー: 活動報告, クリーン化分科会