第1回クリーン化分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

平成27年6月26日、石川県 澁谷工業株式会社 森本工場RMシステム工場にて第1回クリーン化分科会として、講演会・見学会を開催いたしました。
講演1題目は澁谷工業(株)製薬設備技術部 アイソレータ課 課長 砂山裕信様より「アイソレータと除染の技術動向」として、2題目は、東京工業大学大学院 准教授 鍵 直樹様より「クリーン化技術の最新動向(一般環境における清浄化)」としてご講演いただきました。その後、渋谷工業(株)の会社工場紹介ビデオを上映いただき、会社内容の理解を深めました。
工場見学では2班に分かれ、澁谷工業の砂山、シブヤマシナリーの野村両氏のご案内でRM工場、EB工場を廻り、各種技術の紹介をいただきました。RM工場は、再生医療機器製造工場として1年前に完成した工場の中で、自動化設備を組み込んだアイソレータなどを製造しており、アイソレータ実機を見ながら説明いただき質疑応答を行いました。EB工場は飲料水のボトリング用アイソレータなどを製造している工場で、製造中の実機で電子線滅菌装置やボトリングラインを説明いただき質疑応答を行いました。

工場内を詳しく見学、説明いただきアイソレータの技術やボトリング、滅菌設備の最新システムの詳細を知ることができました。
再生医療に用いられる培養設備や無菌アイソレータなど最新の技術を間近に見ることができ、今後のさらなる進展が期待できました。これまで飲んでいた各種飲料水、アルコール、食品がどのようにして充填、製造されるかがわかり、その最新技術を直接見ることでき滅菌技術の進歩などが理解できました。

カテゴリー: 活動報告, クリーン化分科会