分級ふるい分け分科会 報告

スライドショーには JavaScript が必要です。

2021年3月16日、第1回分科会として、初めてのオンライン開催を実施いたしました。開催実施に関してはトラブルも発生しましたが、サポートをいただき全員無事に講演会を聴講できました。

講演1件目は、岐阜薬科大学 田原先生による医療品製造の視点から見た『機械学習を用いた粉体物性予測システムの開発』の講演をいただきました。近年、機械学習(AI)を利用していく難しさを含めながらお話いただきました。また現状の取り組みを簡単にまとめたビデオもあり、参加者にはとてもわかりやすい内容だったと感じています。
講演2件目は、当分科会のコーディネータによる『篩のスタンダード 最近の話題』として、コーディネータとして初めての企画でしたの自己紹介を含めて、背景から規格まで幅広く講演いただきました。
 最後に当分科会とは関係ありませんが幹事にお願いして、コロナ禍の中で会社の取り組みをディスカッション形式で発表いただきました。
各社ともコロナ対応で1年が過ぎ、いろいろと考え方や対応の方法もあり、今後の参考になったのではないかと思います。

カテゴリー: 分級ふるい分け分科会, 活動報告