粉浜

今年も、インテックス大阪で
粉体工業展大阪2015【10月14日(水)~16日(金)】
とAPPIE産学連携フェア2015【10月15日(木)】
が開催されます。
今回はイベントの会場が、下の階と上の階という、
ごくごく近い場所での開催になりますので、
ぜひとも両イベント共にお越しいただけますと幸いです。

さて、その粉工展の最寄駅「中ふ頭」からニュートラムに乗って15分、
終点「住之江公園」で下車、東北に徒歩15~20分のところに、
「粉浜」という町があります。(有名な住吉大社の近くです)

地名の由来は、
「昔、このあたりは住吉大社で使う材木を
陸揚げした海岸、木(こ)の浜から来た」とのこと。
粉と関係無し、残念!と思いきや、
「砂が細かい海岸だったので粉の浜」という別説もありました
(ちょっと余計な話、今は海から離れていますが、
その昔、遣隋使、遣唐使を乗せた船は住吉大社の傍から出港しました)。

地元粉浜商店街には、やっぱりありました、
たこ焼き屋さんやお好み焼き屋さん。
もちろん食べました、たこ焼きに加えキャベツ焼きというものまで。
さらに家庭用品店には「粉つぎ」という
計量カップのようなものがありました。
ご存じでした?これ。
粉を出し汁で溶いた生地をたこ焼き器の
丸いくぼみに注ぐ容器です。
さすが「粉もん」の本場、大阪、奥が深そうです。
粉体関係者として、粉浜も見逃せません。
粉体工業展大阪2015見学のオプションとして
粉浜訪問を加えられてはいかがでしょうか。
(2013年9月メルマガより-改訂版‐)

カテゴリー: